人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.29

手頃な価格でリフォーム後に便利なLIXILの『宅配ボックスKT』

 左から「宅配ボックスKT 据置仕様」、「宅配ボックスKT ポール仕様」施工例

総合住宅設備メーカーのLIXILでは、シンプルなデザインとベーシックな機能を採用し、省施工で身近な価格設定の『宅配ボックスKT』を4月2日より発売する。ラインアップと価格は「コンパクト」が4万5000円、「スタンダード」が4万9000円。

昨今、ネットショッピング等の普及により、2016年度の宅配便の取り扱い量が年間40億個を超える一方、約2割は再配達となっており、二酸化炭素排出量の増加や労働生産性の低下による社会的損失は大きな問題となっている。そこで、再配達削減に貢献する宅配ボックスの活用が注目され、集合住宅のみならず戸建住宅においても採用が進んでいる。

今回発売する『宅配ボックスKT』は、様々な外観の住宅にも違和感なく調和するシンプルなデザインとベーシックな機能で、施工も簡単にできるのでリフォームにも最適。玄関ポーチなど限られたスペースにもおすすめの「据置仕様」と、荷物を取り出しやすい高さで、住まいや敷地に合わせて配置できる「ポール仕様」の2つの仕様から選べる。
また、大きさは「コンパクト」「スタンダード」の2つのバリエーションがあり、いずれも本体価格5万円以下の身近な価格となっている。

本体色はベーシックな3色展開で、ホワイト(エンボス調)・シャイングレー・ブラック(エンボス調)をラインアップ。誰でも使いやすいダイヤル錠で、荷物の届けも取り出しも簡単に行なえる。

受け取り可能サイズはコンパクトが幅400×高さ350×奥行き220mm、15kgまで。スタンダードは幅400×奥行き290×高さ500mm、20kgまで。

関連情報

http://www.lixil.co.jp/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ