人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.28

〝おうちでエンタメ派〟の人が選ぶべき15.6型ノートPCの売れ筋モデル徹底比較

エンタメが楽しめる15.6インチの家庭用ノートパソコンは、量販店でも売れ筋のモデル。そのため各社から多くの機種が発売されていてどれを選ぶべきか悩む人は多い。今買うべきあなたに最適なパソコンを紹介しよう。

ゲーミングPC

【 自宅で使うならメインは動画とゲームでしょ 】

15.6インチPC

◎エンタメを楽しむには音質とグラフィックはマスト

 リビングなどに据え置きで使う家庭向けのノートPCといえば、「15.6型のフルHD液晶パネルで重さが2.0〜2.5kgの機種」が一般的です。安いものだと5万円を切る機種もありますが、メールやインターネットしか使わないライトユーザー向け。高画質動画やホームビデオ、ゲームなどを楽しみたいなら、概ね15万円前後の機種を選ぶのがよいでしょう。

「エンタメ」を意識してPCを選ぶ時は音質とグラフィックの性能を優先して検討するのがオススメ。特に処理性能が必要になるVRやゲーム、動画編集などで使いたい人は「ゲーミングPC」と呼ばれる機種を選ぶとコスパがいいです。価格の割に高性能でハイスペックなものが揃っています。量販店やネットショップで探す時は、NVIDIA製のグラフィックチップを搭載しメインメモリが8GB以上の機種がベスト。

ぺったん総研さん
ライター/ぺったん総研さん

@DIMEにてマネーや製品レビューなどの記事を執筆中のライター。会社員というもうひとつの顔を持ち、読者目線の記事がモットー。

■ドライブ搭載でブルーレイも楽しめる

TOSHIBA『dynabook T55』
TOSHIBA『dynabook T55』オープン価格(実勢価格約13万4796円)

ブルーレイドライブとオンキヨーの新型スピーカーを搭載し、映画や音楽、ホームビデオを楽しむのに最適な1台です。

[サイズ]379×23.7×258mm [重さ]2.4kg [解像度]フルHD [CPU]Core i3 7130U
[グラフィック]Intel HD Graphics 620 [ストレージ]HDD:1TB
[メインメモリー]4GB [駆動時間]7時間

テスト 01「高音域が強化されたオンキヨー製スピーカー」

高音域が強化されたオンキヨー製スピーカー

過去機種では低音域がウリだったが、低音用と高音用の独立構造に。計4台のスピーカーから迫力あるサウンドが広音域で楽しめる。{★★★★★}

テスト 02「内蔵ドライブでブルーレイが楽しめる」

内蔵ドライブでブルーレイが楽しめる

オンライン購入が主流とはいえ、このご時世に内蔵ドライブがあると映画好きにはうれしい。{★★★★}

〈ぺったん’s総合評価〉
「映像や音楽コンテンツを楽しむのに最適。メモリが4GBで、内蔵グラフィックしかないので、動画編集や3Dゲームで遊ぶには力不足か」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ