人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.01

新しいワークスタイル「変革型フリーランス」は浸透するか?

副業やパラレルワークなどの複数のキャリアを持って働くスタイルに注目が集まる中、どの会社や組織にも所属しないフリーランスという働き方が、改めて脚光を浴びている。そして新時代のフリーランスは、また新しい形を実現するようだ。その「変革型フリーランス」という新しいフリーランスを定義した株式会社Warisにその内容を聞いた。

■「変革型フリーランス」とは

(画像はイメージ)

フリーランスとは、会社に所属せず、業務委託などの形で契約を結び、業務を受注し、その業務が完了したら納品物などの成果を納めることで報酬を得る働き方の一つだ。

このフリーランスは以前から存在していたが、近頃、時代に合わせて変化しているようだ。その一つの形が「変革型フリーランス」だ。

変革型フリーランスについて理解するには、定義した株式会社Warisに聞くのが一番だ。

株式会社Warisでリクルーティングコンサルタントとしてフリーランスと企業とのマッチングを行っている蟻川理香氏は次のように話す。

「変革型フリーランスとは、簡単に言うと『企業のイノベーション創出・経営基盤強化に貢献する存在としてのフリーランス』を指します。具体的には、クライアントの本質的な課題を発見し、対等に交渉・提案、サービス提供し、変革力・事業推進力をもたらすことのできる自律した事業者、と定義しています。弊社と、実際に活躍するフリーランスと議論する中で生まれた定義です」

変革型フリーランスには、次の3つのマインドと9つのスキル・特性が必要になるという。

●「変革型フリーランス」としての3つのマインド
(1)自分自身のミッションに対する強い動機
(2)事業者としてのアイデンティティ
(3)課題解決・変革志向

●活躍するフリーランスに必要な9つのスキル・特性
(1)自走性高く案件を完遂
(2)コミュニケーション能力
(3)成果に結びつく専門性
(4)自分を売る力
(5)ニーズ・状況の判断
(6)人を巻き込み・頼ることができる
(7)前向きさ
(8)ありたい姿・ビジョンが明確
(9)自分の幅を広げる努力

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ