人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.31

通勤形電車がジョイフルトレインに変身!日光線に新顔『いろは』登場

日光仮面と『いろは』。

 JR東日本大宮支社では、205系600番代 Y3編成をジョイフルトレインに再改造した『いろは』が登場。“日光線の顔”として、沿線にお住まいの人々や観光客などに愛されるだろう。

■205系初のジョイフルトレイン

日光線カラーの205系600番代。

 205系600番代は京葉線からコンバートされた通勤形電車で、寒冷地仕様、洋式トイレ設置などの改造を受け、2013年3月16日のダイヤ改正で日光線に投入された。のちに車体の帯が異なる車両も現れ、おもに東北本線宇都宮―黒磯間で運行されている。

 座席は改造前と同じロングシートで、日光線の乗客からクロスシート車投入の要望が多数寄せられていた。また、ジャパン・レール・パス(訪日外国人向けの企画乗車券)では、東武鉄道直通の特急〈日光〉〈きぬがわ〉などが乗車できず、東北新幹線、日光線経由で日光へ向かう訪日外国人が多いという。

 そこで、同支社はY3編成を「日光に来る海外のお客様の目線」(車両課談)で再改造し、ジョイフルトレイン『いろは』が生まれたのである。

■エクステリア

 205系は通勤輸送に対応した4ドア車であるが、『いろは』は2ドア車にして、車内空間の確保に努めた。

車体側面の“元乗降用ドア部分”には、『いろは』のロゴを貼付。

 カラーリング(ラッピング)は、「日本をイメージできるもの」としている。黒色、黄金色、灰桜色といった「和の色使い」を強調したほか、車体側面の白い模様は鹿沼組子を用いた。その中にはキスゲ、華厳の滝、男体山と中禅寺湖、龍、鳳凰、唐獅子をモチーフとしたイラストを配した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ