人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.27

学校の授業を効率化!実物感のある高精細画質を投影するエルモのコンパクト書画カメラ『VISUAL PRESENTER MX-P』

テクノホライゾングループのエルモ社は、2018年5月25日(金)、学校や教育機関、企業や塾向けに最大1,300万画素の高精細 A4サイズのコンパクト書画カメラ「VISUAL PRESENTER MX-P」を発売する。
学校教育のICT環境整備が進む中、書画カメラ(実物投影機)は1教室に1台の常設ICT機器として幅広く認知され、世界的に普及が進んでいる。国内では文部科学省発行の新学習指導要領総則で情報活用能力を言語能力と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置づけ、情報活用能力の育成を図るため、各学校において、コンピューターや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整えることを示している。
第3期教育振興基本計画(2018年度~2022年度)を見据えた「学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議 最終まとめ」におけるこれからの学習活動を支えるICT機器等と設置の考え方では、書画カメラは実物投影装置として『小学校、特別支援学校の普通教室及び特別教室への常設』と示されている。
一方で、文部科学省発行の「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」では、地方公共団体間でICT環境整備状況の差が顕著に。
そうした中、書画カメラのリーディングカンパニーであるエルモ社では、書画カメラの新たな機種として、大型提示装置(テレビまたはプロジェクター)で、より実物感のある1,300万画素の高精細画質を投影、高フレームレートで演示実験の動きを滑らかに再現、シンプルなインターフェースで誰でも簡単接続、小型で持ち運びにも便利、更に低価格帯でこれまで以上に多くの台数を整備いただける書画カメラ「MX-P」を発売する。

MX-P本体(使用時のアームを伸ばした状態)

折り畳み時のコンパクトボディ

実物の教材や資料を指で示しながら説明

マルチコミュニケーションボードを連携した遠隔授業(イメージ)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。