人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.29

100人中6人が全裸で生活!?イマドキの一人暮らし実態調査

ハトマークの全宅連・全宅保証(公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会・公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会)は、2018年も一人暮らしに関する意識調査を「現在一人暮らしをしている」「今後一人暮らしをしたい/予定がある」人を対象に、インターネットで実施した。今回の調査で、一人暮らしは、“孤独”よりも“自由気ままな生活を楽しむ”気持ちのほうが強いことが明らかになった。

一人暮らしをする前は孤独が心配だが、いざ一人暮らしをすると自由を謳歌している!

「とにかく自由気ままなところがいい」が51.9%で半数を超え、「自由だけれど、その中で自分で考え行動する力が身につくところがいい」が26.5%で続いており、自由であること自体を楽しむ意識が垣間見られる。一方で「病気や体調が悪いとき、落ち込んだとき」は39.3%の人が孤独を感じると回答。

現代の一人暮らし者は、「お金」、「仕事の成功」より「幸せ」を重視!一方で「夢はない」が1/4もいる。

「夢についてお教えください」との問いに対して、1位「幸せになる」、2位「お金もちになる」、3位「仕事や職業に関する夢」がトップ3であるとともに全体の3割を超えた。一方で夢を持っていない人が23.6%と、2割強いることも明らかに。なお、夢は、一人暮らしの有無よりも性・年代差が影響しており、男女共通で18~29歳の若い年齢層に多いですが、より多くの夢をもっているのは女性18~29歳という結果になった。

「特に夢はない」のスコアは、年齢と比例して高くなる傾向を示し、50歳以上男女のスコアは30%を超える。また、その他で挙がった主な夢として、「ピアニスト」「卓球選手」「ペットと暮らす」「海外移住」「健康」「子供の成長」「老後の安心」「無事に死ぬ」等と回答した人もいた。

半数以上の人が家に友人・知人や彼女・彼氏が来る頻度は「月0日」と回答

月に家に友人・知人や彼女・彼氏が訪ねてくるのは「0日」が52.8%と半数を超え、一人暮らしの家に友人・知人や彼女・彼氏が訪ねてくる日数はそれほど多くないことが明らかに。「0日」と回答した人を除くと、平均訪問日数は月に6.6日で、約5日に1日は友人・知人や彼女・彼氏が訪ねてきていることになる。平均訪問日数が多いのは男性40代で、平均日数は8.6日に達している。

一方、女性40歳以上の平均日数は6日を切っており女性は年齢が高くなるに伴って「0日」の構成比が高くなる傾向。※平均日数は「0日」を除いた人をベースに算出。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ