人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オシャレな街・自由が丘で異彩を放つ男の勲章酒場『I』

2018.03.24

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

オシャレタウンに異色に光る男の勲章酒場!!自由が丘『I』の評価

オヤジナリティー ★★
家計貢献度    
エロテイスト   

 マシャレなマダムとスイーツの街・自由が丘

 秘境酒場とまったく縁のないようなムード漂うこの街にも、ジャンバー系オヤジが好む小さな呑み屋街がある。駅の東北側の、東横線と大井町線の線路に挟まれた三角形の地域だ。

 たしかこの一角に名称があったよな〜と思って今調べたら『美観街』という名前らしい。でもまぁそんなことはどうでもいい。

 先日、特に呑む気はなかったんだけど、この街を歩いてたら、なんか知らない間に新しい店が出来ている。

 看板には“牛タン”と、なんか高そうな料理名が書いてあるんだけど、暖簾には“牛串”“タン串”なんていう、イメージ的には一気に庶民的に感じられる品名が染め抜かれている。

 同じ“タン”でも、“牛”ときて“タン”と書いてあると、ついつい高そうで遠慮しちゃうが、そこに“串”って漢字が一文字入るだけで、急激に手が届きそうになってくるのはなんなんだろうね。

 もしかしたらこの店、実は1年近く前からあったのかもしれないけど、今までは“牛タン”の文字しか目に入らず、そこからげでお財布防衛本能で無意識に避けてたのが、今日に限って偶然にも“串”って文字を見つけたんで、

「オオッ!!」

 と、初めて思ったのかもしれない。

 なおかつ! 店頭に宣伝用のティッシュが置いてあって、それをひとつもらったら、

『牛串・タン串 全品199円!!』

 なんて書いてある。豚モツの串だったらちょいと高いけど、なにしろ牛だ! 御牛様だ!!

 御牛様で199円ならば、オレは許す!! と「オオッ!!」の気持ちに更なる拍車が掛かり、もうその気持ちに抗うことはできず、フラフラと、その店『I(仮名)』に入店してしまった。

 店内は二階もあるみたいだったが、オレが座った一階は鰻の寝床型のカウンターだけの店内。夕方5時前でちょっと早い時間だったこともあったのか、客はオレだけだった。

 まずは飲み物のメニューを見る!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。