人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.23

530cc Vツインエンジンのパワーで快適に作業できるホンダの乗用芝刈機『HF2417』

HF2417

Hondaは、造園や緑化管理などに適した乗用芝刈機『HF2417』を、4月6日より日本全国のHondaパワープロダクツ特約店で発売を開始する。メーカー希望小売価格は76万円。

その主な特徴としては、刈った芝生の排出口を後方へ設定。刈幅と車体幅を同等レベルとすることで、芝地の際近くまでカッターハウジングを寄せることを可能とした。そして芝生を刈るカッターハウジング内部に、2つのブレードが同期しながら回転するツインブレード同期システムを採用。旋回時のブレードが同期することで、刈り残しの軽減と作業効率の向上を両立している。

乗車したまま片手操作で刈刃の高さを約29mmから90mmまでの7段階に調節でき、目的に適した刈り高さで作業を行なえる。また、振動の少ない排気量530ccのVツインエンジンを搭載したことで、ゆとりのあるパワーで快適な作業に貢献する。

刈芝をグラスバッグへ送り込む際に増大する風量を外部へ逃がし、刈芝を圧縮しながらグラスバッグへ収草することで、一度の収草量が増加し、廃棄作業の手間を軽減。さらに、埃の巻き込みを抑えながら動力への負荷も和らげる。
グラスバッグへ収草するバギング機能と、芝草を細かく裁断し肥料として芝上へ落とすマルチング機能の選択を可能とした切替操作レバーを座席左側に設定。手元での容易な操作を実現した。
周囲の明るさを感知して自動的にヘッドライトが点灯するオートライト機能や、オペレーターがシートから離れると自動的にエンジンを停止するシートスイッチも備える。

縁石や壁、樹木など見えづらい障害物から車体前方を守る鉄製バンパーと、ハードな利用環境を想定した高剛性フロントアクスルの搭載により、芝生管理だけではなく雑草刈りなど、幅広い環境における使用にも対応する。

本体サイズは全長2445×全幅1060×全高1230mm、245kg。刈幅は1020mm。刈高さは約29〜90mm(7段階)。エンジンは530cm3 強制空冷4ストロークV型2気筒OHC。最大出力 (kW(PS)/rpm)は1.3(15.4)/3600。

関連情報

http://www.honda.co.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。