人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.24

今年は船上から桜ビュー!「夜桜船」も楽しい隅田川の水上バス

 東京下町の桜の名所といえば隅田川沿岸。この景色を船から愛でる方法はいくつもあるが、名物の屋形船は貸切が中心。乗り合いでも食事付きでお値段1万円クラス。優雅に時間を過ごせる分、早めの予約と資金が必要だ。

 一方、もっと安価に、運がよければ当日その場で乗ることができるのが水上バス。浅草周辺への移動の足として使える利点もある。

■隅田川といえば水上バス

 現在、隅田川を定期運航している水上バスは、東京都観光汽船と東京水辺ラインの2社。それぞれの特長と桜の季節の楽しみ方をご紹介すると……。

(東京都観光汽船)
 発着の基点となるのは、吾妻橋の浅草側にある「浅草」。銀座線・東武線浅草駅のすぐ目の前というアクセスの良さが自慢だ。乗り場周辺は対岸のスカイツリーやアサヒビール本社、隣のスーパードライホールの撮影スポットでもある。

 船はここから「日の出桟橋」、「お台場海浜公園」、「浜離宮」、「豊洲」などに定期運航している。使用する船はアーリーアメリカン調の竜馬(約300人乗り)や、松本零士デザインのホタルナ(約120人乗り)など、ユニークなタイプも多く、観光を意識した仕様だ。
*「浅草」~「日の出桟橋」の所要時間は約40分、780円。

(東京都水辺ライン)
 発着の基点は、従来の「両国」が長期工事に入ったため、上流の「墨田区役所前」に変わった。そこは東京都観光汽船「浅草」のほぼ対岸にあたり、川を挟んで2つの会社の乗り場があると考えればいいだろう。

 所有する船はいずれも屋根が低いタイプで定員は140~200人。窓を広く取り観光を意識したデザインになっているものの、災害時などに水上輸送等の役割を担う防災船でもある。

 隅田川を利用する定期運航ルートは「墨田区役所前」から少し上流の「浅草寺二天門前」を経由し、「お台場海浜公園」まで。*「葛西海浜公園」発着場もあるが、本年3月末まで工事中。
*「墨田区役所前」~「お台場海浜公園」の所要時間は約65~80分、1130円。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。