人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.20

仕事やゲームをバージョンアップしてくれる超快適キーボード10選

普段、仕事やプライベートでパソコンを使っている人でも、キーボードを選んで買い替えているという人は少ないのでは? 最も使用頻度が高いデバイスにも関わらず、パソコン購入時に付属のものを壊れるまで使うという人が大半のようです。市販のキーボードには作業効率が上がる工夫を凝らしたものや、ゲームの操作性を向上させるものなど、様々なものがあります。今回紹介するキーボード記事を見て、普段何気なく使っているキーボードの知識を深めてみませんか?

 

スウェーデンのトッププロゲームチーム「Ninjas in Pyjamas」が開発したXtrfyのゲーミングキーボード発売

Xtrfy(エクストリファイ)の日本代理店テクテクは、Xtrfyブランドのゲーミングキーボード2種を223日に正式に発売した。

同製品は、北欧スウェーデンのトッププロゲームチーム Ninjas in Pyjamas(ニンジャズ・イン・パジャマズ、通称:NIP、忍パジャマ)のプロ選手達の経験に基づき開発された。

 

全部揃えたら完全無敵!?Razerからゲーミングマウス、キーボード、ワイヤレスヘッドセットが登場

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェア分野のリーダー企業、RazerではMOBA/MMO 向けゲーミングマウス『Naga Trinity』、メカニカル ゲーミングキーボード『BlackWidow Ultimate』最新版、PlayStation4に対応するワイヤレスヘッドセット『Thresher 7.1』の発売を開始する。

 

作業効率アップ!キーをカスタマイズできるサンワサプライのUSBハブ付きテンキー

サンワサプライは、任意のキーや複数キー同時押しが割り付けできるプログラマブルテンキー、『NT-19UH2BKN』の発売を開始した。価格は6800円。

 

クセになる打鍵音?なめらかなキータッチ?サンワサプライの新感覚メカニカルキーボード

サンワサプライは同社が運営している直販サイト、サンワダイレクトから、暗い場所でも文字が確認できるLEDバックライトを搭載するテンキー内蔵のメカニカルキーボード『400-SKB056BL/R』を発売した。同モデルは入力時の負担が少なく素早く入力できる浅いストロークを採用。打鍵音がクセになる青軸(400-SKB056BL)と、滑らかなキータッチが特徴の赤軸(400-SKB056R)の2タイプがある。価格は9241円。
テンキーを持たない『400-SKB057』も青軸(400-SKB057BL)、赤軸(400-SKB056R)の2タイプが登場。価格は8315円。

 

タブレットとの相性抜群!くるくる巻けるLGのBluetoothキーボード『Rolly Keyboard 2』

 韓国の総合家電メーカー、LGエレクトロニクスより、Bluetooth 3.0対応5段キー&かな対応の新型ロール式キーボード KBB-710が発表されています!

 LG Rolly Keyboard2 (KBB-710)は、日本語専用に設計された、小型軽量でクルクル巻き取って持ち運び可能な超小型のBluetoothキーボードです。

 

バッテリー内蔵でも超薄!折り畳めるバッファローのBluetooth3.0対応キーボード 

メルコホールディングスグループのバッファローは、Bluetooth3.0対応折りたたみキーボード『BSKBB700BK』を開発。1月下旬より、順次発売を開始する。価格はオープン価格。

 

サンワサプライのLEDバックライト機能付きUSBキーボードはゲーミングキーボードとしても使える!

サンワサプライからLEDバックライト機能を搭載して、ゲーミングキーボードとしても使えるUSBキーボード『SKB-WAR3』が発売された。対応OSはWindows 10・8.1・8・7。価格は5800円。

 

昔ながらのタイプライターの打鍵音を再現した、ビンテージ感溢れるキーボード『Azio Retro Classics』 

 パソコンのキーボードは、キータッチ音を抑える静穏化が、トレンドとして続いている。その一方で、往年のタイプライターの打鍵音をあえて復活させた、懐古趣味をくすぐる製品もいくつか出ており、特に米国ではファンを集めている。

 そうした製品のひとつに、デザイン志向の周辺機器メーカーであるAzio社(米国)が開発した『Azio Retro Classics』(エイジオ レトロ クラシック)がある。

 

ロジクールの回せるダイヤル付きのキーボード『CRAFT』で生産性はどこまで上がるか?

 最高の技術を詰め込んだ製品として登場したダイヤルつきのキーボード、ロジクール「CRAFT」。マットな質感とシンプルですっきりしたデザイン。魅力的な印象のキーボードですが、気になるのは左上についているダイヤル。一体どのように使えばいいのでしょうか?

 

最大32種のコマンドを即座に実行できるRazerの左手用キーパッド『Tartarus V2』を使いこなせるか?

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアを手がける Razerは、左手用キーパッド新製品『Tartarus V2』を12月23日より発売を開始する。希望小売価格は1万1000円。接続はUSBで、Windows および macOSに対応する。

 

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ