人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.19

わかめが便通と腸内環境に与える好影響

ふえるわかめちゃんや、わかめスープ、ノンオイルドレッシングを販売する理研ビタミン)は、わかめを摂取することにより排便状況が改善され、おなかの中でビフィズス菌の占有率が増えることをヒト試験で確認した。

海藻はおよそ97%の人が「健康的である」というイメージを強くもっている食材(自社調べ)であるにもかかわらず、その健康効果については未解明な部分が多いのが実情だ。

理研ビタミンはこれまで、わかめの健康効果を明らかにすべく研究を重ね、血圧やコレステロールに対する影響など発表してきた。

近年の研究から、生活習慣病の発症に腸内細菌が関与していることを示す研究が多く発表されていることなどから、今回はわかめの便通と腸内環境に与える影響をヒト試験で調べた。

方法

被験者:週の排便日数が3-5日/週の便秘気味の女性21名

試験期間:わかめを食べる前の2週間と、食べている2週間の合計4週間

試験食:乾燥カットわかめ 4g /日

※乾燥カットわかめは水戻しして食べる事以外、特に食べ方に指定はしていない。

調査項目:・アンケート調査(毎日の排便状況、食事内容について)、わかめを食べる前と後の腸内細菌の種類や存在割合を、糞便を回収して解析。

結果

わかめの摂取による排便状況の改善。わかめを食べていた期間は、食べていなかった期間と比べて、排便量、回数、日数が顕著に増加。

わかめ摂取によるおなかの中でのビフィズス菌の増加

 わかめの摂取前と比較し、摂取後で糞便中のビフィズス菌の割合が上昇し、腸内フローラ注1)が変動することが明らかに。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ