人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.18

NASAの技術から生まれた歯みがき剤『アパデント』が歯茎を活性化させる新処方でリニューアル

美白歯みがき剤「アパガード」の開発・発売元であるサンギは、アメリカ国家航空宇宙局(NASA)の特許技術を応用し生まれた歯みがき剤「アパデント」をリニューアル。『アパデント トータルケア』『同 センシティブ』として3月下旬より発売する。価格はオープン価格。参考価格は120gが2000円、60gは1200円。

宇宙開発が盛んに行われた20世紀半ば、アメリカの国家航空宇宙局(NASA)は、無重力の影響下で宇宙飛行士の歯がもろくなってしまう対策として、歯や骨を構成するリン酸カルシウムを充てん剤として使用する研究を進めていた。その特許技術に着目したサンギは、リン酸カルシウムの一種で歯や骨の主成分である「ハイドロキシアパタイト」(エナメル質の97%、象牙質の70%を構成するもの)を歯みがき剤に配合。世界初のエナメル質を修復する歯みがき剤『アパデント』として1980年に発売した。

以後、「ハイドロキシアパタイト」は、1993年に旧厚生省よりむし歯予防の薬用成分として認可を受けて独自成分「薬用ハイドロキシアパタイト」となり、現在ではサンギが発売する歯みがき剤全てに配合されている。

今回のリニューアルでは、今までの歯ぐきを守る成分に加え、歯ぐきを活性化させる塩酸ピリドキシンを配合。同社では、新『アパデント』により、歯と歯ぐきの更なる健康サポートを目指す、と説明している。

アパデントブランドは、むし歯・歯周病や口臭を予防する「トータルケア」(マイルドミントフレーバー)と、知覚過敏を防ぐ「センシティブ」(ゆずミントフレーバー)の2タイプでの展開になる。

関連情報

http://www.sangi-co.com

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ