人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.26

ついに発売!完全ワイヤレスとして最上級のサウンド性能を誇るイヤホン『EARIN M-2』

■連載/折原一也のAudio&Visual最前線

 ワイヤレスヘッドホンの最先端の形といえば”完全ワイヤレス”だろう。スウェーデンのEARIN社は、元ソニーエリクソンのエンジニアらが2013年に起業し、Kickstarterで150万ドルを集めて設立された完全ワイヤレスイヤホンの先駆者だ。同ブランドを手掛けるEpickal AB社の創業メンバーの一人であるペア・センストローム氏が来日し、EARIN M-2の試聴会を開催した。

EARIN M-2のブラックモデル

EARINのペア・センストローム氏

 EARIN M-2は、日本でも大ヒットとなった2016年発売の初代EARIN M-1の発売から約2年を経て搭乗する第二世代。2017年8月の発売を予定していたが、香港を大型台風が2度も直撃した影響で工場を変更し、2018年2月に2万9800円で数量限定販売をスタート。カラーはブラックでスペースグレイを6月に追加する。

2018年2月よりEARIN M-2のブラックを数量限定で発売開始

 登壇したペア・センストローム氏によると、EARIN M-2は従来のM1からデザイン刷新することがテーマになったという。たとえば、EARIN M-1のストレート構造からEARIN M-2では人間工学をスタディした内容になり、実際の体積も小型化。M2はコントロール用にタッチセンサーを採用し、曲のプレイポーズや通話、スキップなどにも対応する。イヤーチップはパッシブながらノイズを20db落とす構造となった。

 また、充電ケースへの充電とイヤーピースへの充電がそれぞれ判別できるように変更し、逆向きで開けても落ちない磁力式のホールドも搭載。金属と樹脂の素材が採用されている。

EARIN M-2のパッケージ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ