人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.26

ラクで楽しい!フライパンで簡単に作れるおいしい焼き菓子レシピ

 自炊が得意で、職場には手作り弁当を持参する弁当男子・女子でも、クッキーやタルトのような焼き菓子は、店で買うという人が大半ではないだろうか? そうしたお菓子を自分で作るには、「オーブンやフードプロセッサーなどが必要」、「工程が細かく、コツがいろいろあって面倒」など、なにかとハードル感があるのは確か。

 そんなハードルを一気に押し下げてくれるのが、料理・菓子研究家の若山曜子さんが編み出した、フライパンでできる数々の焼き菓子レシピ。フルーツを使ったタルト、ガトーショコラ、マドレーヌなど、本来オーブンで焼き上げるお菓子がフライパンひとつで作れてしまうというから驚き。

 若山さんは、様々なフライパンレシピを考案するきっかけと経緯について、次のように語る。

 「子どもの頃からお菓子の本が好きだったので色々試してみたかったのですが、自宅に温度調節できるオーブンがなく、中学生になって家にオーブンが来る日まで『ホットケーキができるんだから、ケーキだって!』とフライパンに無理をさせて、怪しいお菓子を作っていました。なかなかうまくいかなくて、やっぱり温度調節できるオーブンは偉大だなあと思っていましたが……。

 フランスに渡ってからはクレープやガレットといった、フライパンの機能を活かして無理をしないで作るおいしいお菓子も学びました。

 日本ではオーブンはフランスほど身近な存在ではないから、おやつがフライパンで作れたら手軽でいいだろうなあ、フライパンで作るおいしいお菓子を集めた本を作りたいなあと思い、最初に出した本が「フライパンカフェ」でした。

 結果的にはここで色々挑戦することになり、その後雑誌などでもフライパンでできるお菓子レシピを頼まれることもあったため、少しずつフライパンで作るお菓子のレシピは増えていきました。

 昨年夏にパリを訪れた時、レストランでコーヒーとともにスキレット大のクッキーが食後に出てきました。それを見て、『ああ、フライパンサイズだ。こういう大きなクッキーがそのままフライパンでできたらラクで楽しいかも』と思い、帰国してからクッキーやタルトなど焼き菓子を色々試してみました」

 そうして、若山さんがこれまで考案したレシピは、『フライパンで作れる まあるいクッキーとタルトとケーキ』(ワニブックス)として1冊にまとめられている。

 本書には、オーブンや焼き型を使わず、フライパンで作れてしまう焼き菓子レシピが多数収録されている。パンケーキを自分で作る人なら、容易にマスターできるものが多いので、チャレンジしない手はない。今回はその中から、材料の種類が少なめでとっつきやすい2品目をチョイスしていただいた。

※フライパンについて:直径が20〜22cmで、内径(底の部分)が約16cmのやや小さめのフライパンを使用。深さは約5cmと、深すぎず浅すぎずがベスト。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ