人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.25

不動産売却の査定依頼が多い地域ランキングTOP30

不動産売却で査定依頼が多い地域はどこなのだろうか。不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルは、「スマイスター」の不動産売却に査定依頼のあった不動産の行政区をもとに「売りたい市区町村ランキング2018」を集計した。

★「世田谷区」が2年連続1位!

日本最大級の不動産売却一括査定サイト「スマイスター」で査定依頼件数が多かった行政区を集計したところ、「世田谷区」が昨年に引き続き1位であることがわかった。世田谷区は2017年1月から12月まで毎月トップ10内にランクイン。5年間で空き家が約3.5倍に増加するなど空き家率が高いことも関係しているのかもしれない。

2位は「練馬区」、以下「大田区」「足立区」「江東区」「板橋区」「杉並区」「新宿区」と東京勢が占めるなか、4位に「鹿児島市」、6位に「大分市」と九州の各市もランクアップし、上位に名を連ねた。大分市は8月に1位を獲得し、毎月トップ10内にランクインし、鹿児島市は1位獲得はないものの、年に7回と多めのランクインとなった。

また、「宇都宮市」「中野区」「旭川市」がトップ30以内に急浮上した。宇都宮市は5月から8月にかけて、中野区は1月と5月に、旭川市は5月にトップ10内にランクインした。旭川市は、隣接するベッドタウンの東神楽町(10.1%増)と東川町(3.3%増)の人口増加による転出も1つの原因ではないかと考えられる。どちらも2015年国勢調査で道内1位、2位と高い増加率だった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ