人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.20

「働き方改革」が一番進んでいない部署はどこ?

これから迎える新年度は組織改定・人事異動・新入社員入社、採用など人事部門にとって繁忙期と言われている。働き方改革の推進、評価制度の整備、人事戦略や計画立案等を考える時間が必要なのに対し、入力業務や単純業務に追われる担当者も少なくない。また、2030年には労働人口が約15%減少するという深刻な少子高齢化を迎えることに加え、長時間労働抑制といった問題が叫ばれる中、政府主導で「働き方改革」が推進されている。

今回、人事領域に特化したコンサルティング事業を手掛けるオデッセイは、「働き方改革」に対する意識を調査するため、全国の人事部門または「働き方改革」に係わる部門に所属している人を対象に「働き方改革に関する意識アンケート」を実施した。

★実際に「働き方改革」に取り組んでいるのは約5割

「政府が推進する「働き方改革」に必要性を感じていますか」という問では、「必要性を感じている」が37.6%、「どちらかといえば必要性を感じている」が38.4%という結果になり、約8割が必要性を感じていることがわかった。

また、「現在、お勤め先では「働き方改革」に取り組んでいますか」という問では、「会社全体で取り組んでいる」が36.0%、「各部署で一部取り組んでいる」が14.2%という結果になり、約5割が取り組んでいることが判明した。「働き方改革」に必要性は感じているものの、実際には取り組めていない企業があることもうかがえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ