人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.15

自分のおっぱいは何点?20~50代女性1000人に聞いた『おっぱい白書』公開

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(取締役社長:.橋 薫)は乳がんの早期発見に始まり、その後のケアまでサポートし、自分らしく生きる女性を応援するWEBサイト「リンククロス ピンク」を3月14日より運営している。今回、日本女性のおっぱいについての意識・実態を明らかにし、改めて自分のおっぱいに向き合ってもらうために20〜50代女性1000名を対象とした調査を実施た。

<調査結果トピックス>
■理想とのギャップあり!?自分のおっぱいへの評価は平均「46点」。全体の約半数の女性が自分のおっぱいが「好きではない」ことが明らかに。
■世間の「美乳ブーム」にも関わらず、84%の女性が実際には、日常的にバストケアをしていない。
■83%以上の女性が、女性のおっぱいをついつい見ている傾向が明らかに! さらに20代女性の約6割は女性タレントやモデルのおっぱいに憧れを抱いている。
■女性が選ぶ、女性の重要なパーツランキング1位 おっぱい、2位 目、3位 ウエスト。
■理想のおっぱいサイズはCカップが1位。「ハリ」や「弾力」のあるおっぱいがダントツ人気に。
■おっぱいのターニングポイントは平均32歳。「加齢」や「出産」が変化の原因に。
■3人に1人の女性が、過去におっぱいについての男性の発言を不快に思った経験がある。
■半数以上の女性は乳がんへの関心が3年前よりも高まっているものの、正しい知識をもっていると回答した女性は約24%に留まる。

<調査概要>
地域:全国
調査対象:全国の20代〜50代の女性1000人(4世代各250人)
調査時期:2018年2月20日(火)〜22日(金)
調査方法:インターネット調査

■理想とのギャップあり!? 自分のおっぱいが「好きではない」女性たちが約半数

はじめに、「あなたは自分の胸が好きですか?」と聞いたところ、「好き」と答えた女性は全体のわずか21.1%、「好きではない」と答えた女性は44.5%と、自分のおっぱいに何らかの不満を持っていることがわかった。また、「自分の胸に対しての評価点数」を100点満点で聞いた質問でも、平均は「46.1」点になりました。現代女性のおっぱいに対する自己評価は、決して高いとはいえないようだ。

■バストケアは未だ普及せず!? 84%の女性がバストケアをしていない!

「あなたは日常的に胸をケアしていますか?」と質問したところ、84.3%の女性が日常的におっぱいのケアをしていないことが分かった。世代別でみてみると、20代30代の若い世代ほどケアをしており、世代によっても意識の差が異なることが分かった。ケアをしている人に具体的な内容を聞くと、(1)マッサージをする、(2)保湿のためにクリームや化粧水を塗る、(3)正しい下着選びをする、に回答が集まった。昨今の「美乳ブーム」に伴い、メディアを通じた情報やバストケア商品発売されているにも関わらず、まだバストケアは一般的に普及しているとは言えないようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ