人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.15

CD音質でPCに出力できる機能も!ティアックからダブルカセットデッキ『W-1200』登場

W-1200

ティアックはワンウェイ(片道走行)カセットメカを2基搭載したダブルカセットデッキ、『W-1200』を3月下旬より販売を開始する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約5万円。

アナログの温もりや柔らかさに加え、カセットテープならではの所有する満足感やアルバムごとの管理のしやすさが見直されつつある現在、同社では「カセットデッキとしての基本性能とデジタルオーディオ時代にマッチしたインターフェースを備えたカセットデッキ」を目指して製品化に臨んだという。

録音・再生が可能なカセットメカを2基搭載したダブルデッキ構造はそれぞれが独立した駆動系を搭載することで、2基のデッキを活かしたテープダビングはもちろん、両方のデッキで同じ内容の録音を行う同時録音も可能(パラレル録音機能)としている。
また、テープや外部入力の音楽に合わせてカラオケを楽しんだり、カラオケ音楽にボーカルを乗せた状態を録音して聴き直すなどカラオケの練習に便利なマイクミキシング機能付きマイク入力端子の装備や、テープ再生スピードを±12%の間で可変することが出来るピッチコントロール機能(TAPE 1側)を搭載。さらに細かな録音設定が可能なレベルメーターの採用、メタルテープ再生対応、Dolby B NRで録音されたテープ再生、市販のオーディオタイマーと連動するタイマー再生・録音機能など、同社が長年カセットデッキを開発してきたノウハウを存分に投入されている。

さらに、リアパネルに装備されたUSB端子からパソコンにオーディオ信号を出力し、パソコン側でデジタル録音が可能なデジタル音声出力機能も搭載。
デジタル音声出力信号はCDクオリティ(最大PCM 48kHz/16bit)での録音が可能となるため、貴重なカセットテープのアナログ音源をデジタルアーカイブとして保存が可能だ。
カセットテープの音源をデジタル化することで、スマートホンやDAP(デジタルオーディオプレーヤー)、カーオーディオなど、場所や時間を問わずカセットテープの音を聴くことができるようになる。

外形寸法は幅435×高さ145×奥行き285.8mm、4.1kg。トラック形式は4トラック2チャンネル・ステレオ。周波数特性はクローム(タイプII)/30Hz~15Hz(±4dB)、ノーマル(タイプI)/30Hz~13kHz(±4dB)。

製品情報

https://teac.jp/jp/product/w-1200/top

文/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ