人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.25

3ステッブで人生が変わる!転職で自分を最大限生かす道を再考すべき理由

転職すべきか、とどまるべきか……。モヤモヤするなら〝ひとり作戦会議〟を開いては。テーマはひとつ、「残りの人生、どう生きたい?」

自分を最大限生かす道

◎過去は鮮明に話すのに未来を見たがらない人たち

 ここまで読んだ方の中には「転職に興味はあるけれど……やっぱり不安」とモヤモヤした思いを抱えている人も少なくないだろう。

 しかし『転職に向いている人 転職してはいけない人』の著者・黒田真行さんは、「転職はあくまで〝手段〟でしかない。それなのに、転職に対してモヤモヤと不安を抱いているとしたら、明確な目標が設定できていない可能性があります」と、指摘する。

「残りの人生がどれくらいで、どのように生きていきたいか。あるいは5年後、10年後にどうなっていたいのか、という自分のなりたい未来像と残り時間を可視化することをお勧めします」(黒田さん)

 実際、40歳以上の転職支援を多く手がける黒田さんが転職希望者にヒアリングすると、過去の仕事や実績は、20年前の出来事でも昨日のことのように話せる割に「5年後どうしたいか?」と問うと、「そんな先のことはわからない……」と返す人が実に多いという。それこそモヤがかかったように、未来の視野が不明瞭なのだ。

「人は先が見えない時にこそ不安を抱く。しかし、どこかで〝余命時間を見たくない〟という逃げの気持ちもあって未来を見つめない。ただ、マラソンでもダイエットでもゴールと残り時間を明確にした途端、『そのゴールを達成するために、今何をすべきか』が逆算できて計画が立てられる。仕事、人生も同じですよ」(黒田さん)

 そこで黒田さんのお話を参考にDIMEが「自分を最大限に生かす道」の見つけ方を提案! 左の3ステップを踏めば、仕事人生のタイムリミットと、それまでに成し遂げたいことが明確に。そして「今転職すべきか」「しないべきか」もおのずと見えてくるはずだ。

「それだけで進むべき道が見え始めるし、モヤっとした不安は軽減されるはず。仕事人生は長いようで短いもの。転職しようがしまいが多くの人が自分のポテンシャルを存分に発揮して、悔いのない人生を送ることこそが『ハッピー』なんだと思いますよ」(黒田さん)

【 STEP 1 】 安定 or 挑戦?自分にとって何がハッピーか明確に

まずは自分の志向性を大づかみすることから。自分は安定を求める派か、挑戦に燃える派かチェック。他人に聞いてみるのもいいだろう。

【 STEP 2 】人生90年。働く期間の作戦を立てる

 STEP 2

生まれてから死ぬまでを90年とすると、40代はまさに「人生のど真ん中」。また残り20年ほどが仕事人生のタイムリミットだろう。時間が限られていることを可視化しよう。

【 STEP 3 】仕事で成し遂げたいことを再考する

タイムリミットをふまえた上で「どんな成果を上げたいか」ゴールを思案。逆算思考で「転職すべきか否か」の判断もつきやすくなる!

「転職は機嫌良く生きるための手段!」

黒田真行さん

ルーセントドアーズ代表取締役社長
黒田真行さん
転職サイト「リクナビNEXT」元編集長。独立後、日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営する。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。