人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.15

やってみる価値がありそうな花粉症対策10選

今年も花粉の季節がやってきてしまいました。花粉症の方は少しでも辛さを和らげるため、様々な対策をとっていると思います。そこで今回は@DIMEの記事の中から花粉症対策に関する記事をまとめました。今回のまとめが花粉に苦しんでいる皆様の一助になれば幸いです。

 

アレルギーの原因アレルゲンは体のどこから侵入してくるのか?

すでに花粉症でお悩みの方も多いはず。ところで、アレルギーの原因物質となるアレルゲンはどこから体内に侵入してくるのだろうか。雪印ビーンスタークが以前、女性800人を対象に、アレルギーに関する意識調査を行なったところ、アレルゲンが赤ちゃんのからだのどこから入ってくるか理解しているお母さんが意外と少ないという調査結果が出た。

 

花粉シーズンを乗り越えるために小久保工業所が考案した便利グッズ5選

いよいよ花粉の季節がやってきた。花粉症の人はつらい日々が始まるが、少しでも快適に、明るく過ごすためのグッズが小久保工業所から登場した。

 

花粉症対策の人必読!アレルギー用目薬と人工涙液を賢く使い分ける方法

いよいよ花粉シーズン到来。本格的に飛散がスタートする前に、対策は先手を打っておきたい。つらい症状の中でも目のかゆみは多くの人を悩ませているようだ。そこで目の花粉症の正しい対策と目薬の選び方について眼科医に聞いた。

 

医師に聞く自身で行なっている花粉症対策と治療法

 いよいよ花粉の飛散が本格化してきた。対策は万全だろうか。医師7万人以上が参加する医師専用サイト「MedPeer(メドピア)」を運営するメドピアが以前、同サイトの会員医師を対象に『医師自身の花粉症対策』についてのアンケートを実施し、医師に「いつ頃から花粉症の治療を始めるか」について聞くと、「2月」と回答した医師が最も多く、花粉症の医師の36%を占めていることがわかった。

 

ティッシュをたくさん使う前に!覚えておきたい正しい鼻のかみ方

 本格的な花粉シーズンに突入する。花粉症の方は鼻をかむ機会が増えるだろう。大王製紙が以前、15歳以下の子どもを持つ全国の母親1000人を対象に、「子どもの鼻の健康に関する意識調査」を実施したところ、約5割の母親が「正しい鼻のかみ方」ができていないことが明らかになった。

 

いよいよ花粉シーズン到来!花粉症対策に使った経験がある食材TOP3

花粉症

すっかり定着した「花粉症にはヨーグルト」という説。同調査では取り入れた人のうち44.7%の人が「効果を感じられた」と回答したという。ヨーグルト自体健康にいいので、試してみる価値アリ!

 

花粉やハウスダストを分解し清潔さを保つDR.C医薬のハイドロ銀チタン配合高機能タオル

タオル二大産地のひとつ大阪・泉州産の製品に、タンパク質分解の効果を持たせた。

 そろそろ花粉症の本格的な飛来が始まる。閉め切った室内ではハウスダストも気になる。そんな、花粉やハウスダストを分解する効果を持たせたタオルをご紹介。

 

コートに付いた花粉を落とすのに効果的な秘密兵器を発見!

暦の上では2月4日の「立春」を過ぎ、18日には二十四節季の「雨水(うすい)」を迎える。これは〝雪が雨に変わり、氷は溶けて水になる〟という時期を示したもの。実際には、依然として厳しい寒さが続くが、季節は日々春に向かっているということか。ただし、春の訪れは、新たな厄介者の出現も意味している。今さら説明不要、スギ、ヒノキなどの花粉の飛散である。

 

撥水加工で花粉がつきにくいAOKIのストレッチ機能付き『花粉対策コート』

AOKIは、例年2月上旬から飛散がはじまる花粉対策の商品として、生地の撥水加工により花粉が付着しにくい『花粉対策コート』をAOKIの限定100店舗、およびオンラインショップにて発売を開始する(2018年1月30日現在AOKI店舗数574店舗)。

 

花粉症の人の強い味方!ウェザーニューズの花粉観測機『ポールンロボ』

ウェザーニューズは、花粉シーズンを目前に控えた今、全国の花粉症の家庭に向けて、独自に開発した花粉観測機『ポールンロボ』を順次発送している。同社では一般ユーザーとともに花粉症に立ち向かう「花粉プロジェクト」を2005年から実施しており、今年も全国の家庭や病院、企業に約1000台の『ポールンロボ』を設置していく予定だ。

 

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ