人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新幹線、ロボット、バトル、友情、親子愛、大人が「シンカリオン」にハマる理由

2018.04.20

〈3〉実在の場所やアイテムも多数登場!

作中の施設、背景、小道具もリアルに描かれている。「作品のベースとなる新幹線は、誰もが知っている。そこに地域性を含めてさらにリアルに描けば、視聴者が親しみやすいのではないかと考えました」(前出・鈴木さん)。今後「京都鉄道博物館」や愛知県「リニア・鉄道館」も登場予定だ。

「写真提供 鉄道博物館」
さいたま市大宮に実在する『鉄道博物館』
さいたま市大宮に実在する『鉄道博物館』の地下には、『シンカリオン』の研究や開発を行なう「超進化研究所」があるという設定。

『全国版コンパス時刻表 2018年1月号』
アニメとコラボした表紙の『全国版コンパス時刻表 2018年1月号』。アニメではハヤトが愛読。

〈4〉まさかの新幹線同士が合体!?

タカラトミーからは、50年以上の歴史を持つプラレールに対応した商品『デラックス シンカリオンシリーズ』が発売中。『シンカンセンモード』は、新幹線としてプラレールを走らせることができ、変形させると『シンカリオン』になる。実際の運行時も連結する『E5(イーファイブ)』と『E6(イーシックス)』がリンク合体する設定も芸が細かい。

 

2体の『シンカリオン』がリンク合体
2体の『シンカリオン』がリンク合体。合体ロボとしても完成度が高い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。