人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.14

行くなら今!筆記具ブランドLAMYのthinking tools展の見どころ

ドイツの筆記具ブランド「LAMY」の世界巡回展「thinking tools. プロセスとしてのデザイン——モダンデザインのペンの誕生」が、2018年4月8日(日)まで開催されている。場所は21_21_ DESIGN SIGHT ギャラリー3。入場無料。

 LAMYでは、同社の代表作かつ、最初のデザインプロダクト製品でもある『ラミー 2000』の発売から50年が経った2016年を「ラミーデザイン50周年」と定義。ラミーデザイン50周年を祝して、同年にドイツ・フランクフルトにて世界巡回展「thinking tools展」を開催してきた。

 この世界巡回展の2か所目が日本となり、今回の開催に至った。本展の見どころを3つ紹介しよう。

【thinking tools展の見どころ1】LAMY製品の開発プロセスを物語る貴重な資料

「thinking tools展」最大の見どころは、LAMYを代表する筆記具のデザインプロセスを浮き彫りにする展示である。ドイツのLAMY社で丁寧に保管されていたデザインラフスケッチや製品のプロトタイプ、発売当時のパッケージなどが、発売時期が古いプロダクトから順に、ショーケース内に整然と並ぶ。

 会場に入って最初に出迎えてくれるのは1966年に登場した『ラミー 2000』。LAMYで初めて、社外のデザイナーとの協業により誕生したプロダクトである。登場から半世紀以上経っても変わらないデザインは、2018年の今見ても決して古臭さを感じない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ