人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.11

子どもたちに朗報!?月額1500円で使えるTONEモバイルのiPhone用『TONE SIM』

■どんなiPhoneが使える?

 それでは『TONE SIM(for iPhone)』はどんな『iPhone』なら使えるのだろうか? 『iPhone 5s/5c』(iOS10)以降のSIMフリー版、そして、docomo版に対応しており、au版、SoftBank版はSIMロック解除が必要になる(6s以降)。中古の『iPhone』を使うこともできるのだが、au版、SoftBank版ではSIMロックが解除されている必要があるわけだ。

 SIMロックが解除されていない機種は、キヤリアのサービスセンターなどで有料でSIMロックが可能だ。アップルのオンラインストアで購入するものは基本的にSIMフリーなので、そのまま使える。新品がいい場合はアップルのオンラインストアで購入すればいい。もちろん、手持ちの『iPhone』がロック解除されていて、対応機種であれば、そのまま使用することができる。

TONEの機能が『iPhone』にやってきた。

『TONEm17』と『iPhone』の機能比較。

■料金は?

 使用できる機能は基本的には通常版のTONE SIMと変わらないのだが、TONE SIMセットアップ用のアプリをダウンロードして自分でセットアップする必要がある。ただ、普通にセットアップしただけでデータ通信が使えるのは便利だ。通信速度は前述の通り500~600Kbpsで、月額1000円(税抜き)の定額となる。TONE電話もオプションで使うことができ、10分間かけ放題サービスも使える。そして、TONEファミリ機能によって親機からの管理機能も使うことができる。ちなみにTONE電話はIP電話であり、TONE端末同士であれば無料で通話をすることができる。

 また、契約時には契約事務手数料として3000円がかかる。また、多くのTONEのオプション機能も使うことができるが、主なオプション機能の料金は以下のようになる。10分以下の通話がかけ放題になるとか、高速通信チケットも購入できるので、オリジナルTONEと同じような使い勝手で使うことができそうだ。

* IP電話かけ放題オプション:500円/月
* 090音声オプション(MNPも可能):950円/月
* 090電話かけ放題オプション:750円/月
* SMSオプション:100円/月
* 高速チケットオプション:350円/1GB
* あんしんインターネットオプション:100円/月(親がTONEモバイルでない場合)
* 安心オプション:500円/月

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。