人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.14

中田敦彦、金田一秀穂、山本博文、涼風花が次の元号を考える【その3】文字とバランスを考える

【文字とバランスを考える】

節目となる30年の来年4月30日で「平成」が終わる。新元号は今年中に発表の予定で、【1】国民の理想としてふさわしい意味を持つ【2】漢字2文字【3】書きやすい【4】読みやすい などの基準のもと、1文字15画上限の方針で要領が進められている。そこで、元号とはどのように決まってきたのか、そして次はどんな元号になるのかを芸能界でも屈指の歴史通・中田敦彦さんをリーダーに4人の委員会で学び、大胆予測してみた。

中田敦彦、金田一秀穂、山本博文、涼風花が次の元号を考える【その1】元号とは何か?
中田敦彦、金田一秀穂、山本博文、涼風花が次の元号を考える【その2】漢字とその意味

候補として出た漢字を、華麗な筆さばきで書き出していく

候補として出た漢字を、華麗な筆さばきで書き出していく。

【Part 3】文字とバランスを考える

◎「正」や「仁」などは書くと座りがいい漢字

中田 元号は多くの人がこれから書くのですから、誰もが上手に書ける漢字を選びたいです。

 例えば「正」や「仁」などは安定感があり、多くの人が書きやすいといえるでしょう。

金田一 涼さんが書いている手元を見ると、字の伸びやかさ、というのも大切な要素だと感じる。「明治」「大正」「昭和」は四角っぽくカクカクした漢字ばかりで、堅苦しい印象に見えてしまうなぁ。

 「平」は左右対称なので、誰もが美しく書けます。「成」は外に大きく伸びる線があり、全体的に安定感があります。特徴的な線があると、文字をバランスよく書きやすいんです。

山本 となると「万」「永」「久」などの漢字に目が行きます。

金田一 今まで使われていないけれど、「育」や「習」もいい。

山本 私もその字はいいと思う。

中田 やっぱり、先生同士は気が合うんですね(笑)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ