人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.09

ボルボ『XC40』が2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

高級コンパクトSUVの新型『XC40』が、スイスで開催されるジュネーブモーターショーに先駆け、2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。ボルボ・カーズにとって、この権威ある賞の受賞は意外にも初となる。

ボルボ・カー・グループ代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソン氏は、「新型XC40がこの栄誉を授かったのは、タイミングとしても理想的です。ボルボは、初めて世界市場に向けて3種類のSUVを発売しました。XC40は、急速に成長するコンパクトSUVセグメントにおいて、当社の更なる成長に大きく貢献してくれることでしょう」と語っている。

今回の『XC40』の受賞は、グローバルに展開する新しいボルボSUVラインナップが完成し、欧州と北米の両大陸でカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことを意味している。大型SUVのXC90、ミッドサイズSUVのXC60のいずれもが、過去2年間で北米トラック/ユーティリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞している。『XC40』は英国の代表的な自動車雑誌「What Car ?」によるカー・オブ・ザ・イヤー受賞など、このところ多くの注目を浴びており、2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーの受賞はこれらに続く快挙と言える。

コンパクトSUVセグメントにおいて、デザイン、コネクティビティ、安全性の観点から新たな基準を確立している。欧州および米国での2万台を超える初期受注の背景には、こうした顧客にとって魅力的な組み合わせであることが大きく影響している。ボルボ『XC40』は間もなく、世界最大の市場である中国で発売される予定であり、大きな反響を呼ぶものと期待されている。

ボルボ・カーズの新しいコンパクト・モジュラー・ビークル・アーキテクチャー(CMA)を採用した最初のモデルであり、このプラットフォームは、今後発売される予定の電気自動車を含む40シリーズの量産車種の全てに採用される予定。Geely社と共同で開発されたCMAは、このセグメントに必要なスケールメリットを同社にもたらすはずだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ