人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.08

中田敦彦、金田一秀穂、山本博文、涼風花が次の元号を考える【その2】漢字とその意味

【漢字とその意味】

節目となる30年の来年4月30日で「平成」が終わる。新元号は今年中に発表の予定で、【1】国民の理想としてふさわしい意味を持つ【2】漢字2文字【3】書きやすい【4】読みやすい などの基準のもと、1文字15画上限の方針で要領が進められている。そこで、元号とはどのように決まってきたのか、そして次はどんな元号になるのかを芸能界でも屈指の歴史通・中田敦彦さんをリーダーに4人の委員会で学び、大胆予測してみた。

過去の元号を見ながら、新元号にふさわしい字をおのおのがピックアップ

過去の元号を見ながら、新元号にふさわしい字をおのおのがピックアップ。それを涼さんが色紙に書きつつ議論は進行。

その【1】中田敦彦、金田一秀穂、山本博文、涼風花が次の元号を考える【その1】元号とは何か?

【Part 2】漢字とその意味

◎学校名、会社名……日本人は元号が大好き

金田一 この委員会の前に元号をじっくりと見直したのだけれど、元号は熟語として意味をなさないように計算されていることに気付いた。

中田 人名としても成立しにくい。

山本 それは、特定の人に利益を生み出さないよう配慮されているからです。元号案を考えた学者名も一切公表されていません。

中田 知られてしまうと、その人は強大な力を持つことになりますから。「平成は俺が決めたんだぜ!」と言いふらしたり(笑)。

 全国民が知っていて、時代を支配する元号の力は強大!

金田一 皆が知る言葉は強い力を持つ傾向があります。だから、元号が会社名や学校名に多く取り入れられるのも納得できる。あっちゃんが卒業した慶応義塾大学だって、「慶応」の時代に創設されたから、その名前になったんだから。

中田 あ、そうか! その前だったら「元治義塾大学」になっていたかもしれなかったのですね。う~ん、響きが変な感じ。

金田一 明治、大正、昭和、平成を冠した大学や会社名は無数にある。人の名前も同じで、昭和になった時に、「昭」という字を使った昭一や昭子などの名前が増えた。それまでこの字はほとんど使われたことがなかったのにね。

 言われてみると「昭」という字は、元号や人名以外で書いたことがありません。

金田一 元号の出典は中国の古典だから、日本になじみのない字が採用され、一般化しているいい例です。

山本 ちなみに「昭和」は四書五経のひとつ『書経尭典』の「百姓昭明、協和萬邦」が由来です。 国民の平和と、世界各国の共栄を願って決定されました。

金田一 何だか「昭和」という時代の雰囲気がよく表われているように感じます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ