人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.16

憂鬱な気分が吹き飛ぶ!?月曜朝に元気になれるボイスを作ってみた!

◆高橋晋平の憂鬱な月曜日を楽しくする研究会

■東芝の音声合成技術で、月曜朝に元気になれるボイスを作ってみた

日本には、休日明けの月曜が嫌いな人が多すぎる……。その現状を改善するため、月曜日を楽しくしたい人のコミュニティ「月曜クラブ(通称:月ク)」が立ち上がりました。この連載では、月曜日の憂鬱を減らし、一週間を楽しく過ごす方法を研究、紹介していきます。

※Facebookコミュニティページで、随時イベント情報などを発信していきますので、憂鬱な月曜を楽しくしたい人は、いいね!(フォロー)してみてください。

Facebook 月曜クラブ(月ク) https://www.facebook.com/getsuyouclub/
Twitterも始めました! https://twitter.com/getsuyouclub

今回は、月曜朝に憂鬱な気分でも、聞いたらちょっと元気になれるボイスを開発してみたいという想いから、東芝デジタルソリューションズ株式会社で、音声合成を使ったサービス「コエステーション」のプロジェクトを担当している、金子祐紀さん、鈴木優さんに相談をしてきました。

鈴木優さん(写真左) 金子祐紀さん(写真右)

高橋:音声合成について、あらためて基本的なことを教えていただけますか?

金子:音声合成というのは、簡単に言うと、人工的に作った声で何でもしゃべらせられるというような技術です。東芝では40年以上前から音声合成を研究してきていて、例えばカーナビや駅のアナウンス、ゲームなど様々なところで東芝の音声合成技術は使われています。

高橋:駅のアナウンスも、音声合成でやっていることがあるんですね!

金子:東芝の音声合成には、自然なしゃべりや、感情の付加、11言語への対応(感情付加は現状は日本語のみ)などの強みがありますが、他に大きな特徴が2つあって、まず1つは、オリジナルの声を簡単に作れること。パラメータを設定するなどして、数万通りの声を作ることができます。例えば初恋の人の声を思い出して作ったりすることなども可能です。

そしてもう1つは、実際の人の声に似た声を作る技術。つまり、例えば高橋さんの声に似た音声合成をすることもできます。スマホアプリで手軽に、指定されたいろいろなセリフを順番にしゃべっていくと、それを学習して、その声質を音声合成に使えるようになります。

※高橋も声を作る体験をさせて頂いた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ