人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソフトバンクがLINEモバイルを子会社化!MVNOの買収劇は通信業界「サブブランド戦争」開始ののろし

2018.04.12

■LINEモバイルはソフトバンクのサブブランドになる?

房野氏 ソフトバンクが51%を出資しているということは、ソフトバンクの子会社になるということですか?

石野氏 法律上はそうです。

房野氏 ウィルコムが買収されたときの出資比率ってどのくらいだったんですか?

石野氏 あれは全部買ったはず。

房野氏 LINEモバイルの場合はMNOではなくて、MVNOとして持つということですね。

石野氏 LINEモバイルは、回線はドコモの回線を借りているだけなので、形としてはMVNOなんですけど。

石川氏 UQ mobileの形に近いんじゃないですか。サブブランドというか、関連子会社のMVNO。

石野氏 そうですね。

房野氏 UQ mobileの契約者数はauの純増に乗っているのでしょうか? ソフトバンクがLINEモバイルを買っても、ソフトバンクとして純増にはならないということですか?

石野氏 UQ mobileはau回線でやっているので、auの純増には乗りますけど、KDDIはauブランドとMVNOを分けて開示しているので、そこは分かれている感じですね。

房野氏 では、ソフトバンクにとって直接的なメリットは何ですか?

石野氏 今のユーザーをスパッと切ることはないですけど、発表後に電話でソフトバンクの広報に確認してみると「まだ出資も終わってないですし、これからですね」と言いつつ、ソフトバンク回線を使うんですよねと聞いたら、「それはもちろんそうなると思います」みたいな感じのコメントを用意していたので……。

石川氏 それはそうですよ。

石野氏 そこを変えていくのと、ドコモ回線をどうしていくかは未定と言っていたので、今のユーザーは残すけれど、新規の募集をストップして、全部ソフトバンク回線にすることは可能でしょう。

法林氏 ソフトバンク側がどう考えるかですよ。KDDIがBIGLOBEを買収したけれど、ドコモ回線の契約の置き換えはやっていない。そして、au回線を使ったサービスも始めた。

房野氏 LINEモバイルの既存ユーザーはしばらくドコモ回線で利用できるということですね。

法林氏 当面、そこは変わらないと思います。

石野氏 ただ、au回線だけにしちゃうと端末の選択肢が減るけれど、ソフトバンク回線だとAPNを変えるだけで使えちゃうので……。

法林氏 といっても、SIMロックの問題が絡んでくるので、そうでもないけどね。

石野氏 それは若干あるので、既存ユーザーは変わらないと思いますけど、新規申し込みの停止とかはあるでしょうね。現状の運用のまま帯域も増やさない。ユーザーや帯域が増えないまま完全にストップしたら、新たにソフトバンク回線に行く。可能性としては、MVNOではなくてサブブランドとして、帯域貸しではなくて卸で、帯域幅が確保された状態で速度も出る状態でサービスする、というやり方もありそうです。

法林氏 UQ mobileみたいな形になるか、だよね。

房野氏 ソフトバンクにはY!mobileがあるわけですが、それとの住み分けはどうなるでしょうか。

石川氏 問題なくできると思います。宮内さん(ソフトバンク 代表取締役社長 兼 CEO 宮内 謙氏)は第3のブランドにしたいって言っているくらいなので。

法林氏 LINEモバイルはオンライン中心で、みたいな話もしていた。

石野氏 値段も販路も違うし。

石川氏 たぶん、Y!mobileのショップで売るんじゃないかなって気がしていますけど。だって、LINEモバイルを使いたい人はオンラインでは買わないでしょう。

法林氏 注文とかの手続きをLINEの中でするという話でしょ。

石川氏 それがダメだったから、今の状態なんじゃないかな。

石野氏 Y!mobileで売るけど、SIMだけ“吊るし”で売ったりするドイツのMVNO方式みたいになるとか。

法林氏 ドイツの通信事業者「E-PLUS」の回線を利用する「blau(ブラウ)」というMVNOみたいに。

石川氏 けど、宮内さんは『Android One』端末があるから、それとセットで売りたい、みたいなことを言っていた。端末セットでY!mobileショップとかで売るんじゃないのかなって気がするけどな。

房野氏 Y!mobileショップでLINEモバイルを買うということを、ユーザーはちゃんと理解できるでしょうか。

石川氏 看板を2つ作ればいいじゃないですか。それで売れると思います。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。