人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソフトバンクがLINEモバイルを子会社化!MVNOの買収劇は通信業界「サブブランド戦争」開始ののろし

2018.04.12

法林氏 旧FREETELが買収されてバラバラになったように、MVNOの買収・合併は、去年あたりから絶対起きるだろうといわれていた。そういうことが起きていく中、LINEモバイルは普通に淡々と事業を続けていくんだろうと思っていて、あまり不安視はしていなかった。美人社長と騒がれた嘉戸さん(LINEモバイル 嘉戸彩乃社長)がいて、キャラも立っているし、ユーザーもちゃんといて、なのにソフトバンクが51%を持つので完全傘下ですよね。

 LINEモバイルに対して思うところもあるんだけど、それとは別に、これで完全に通信業界の次のステージはサブブランド戦争になるんだなということがよく分かりましたという感じ。大手の3キャリアの下に、いくつもブランドが並ぶようになる。NTTドコモの場合はリアルMVNOがたくさん並ぶんでしょうけど、ソフトバンクもauも並べていくのかな。今回、LINEから話があったのかソフトバンクから話を持っていったのか分からないけれど、組む形にしたということなんだなと。LINEモバイルが、買収されることに対して出したコメントの中に「より事業を広げていくためにはキャリアと組む方が良かったので選んだ」ということがあったけど、まあでも、ちょっと僕的には意外だった。

法林氏

石野氏 組むといっても、傘下になっていますからね。

法林氏 ソフトバンクの回線を持つとかいう話じゃないからね。

石川氏 聞いた話によると、LINEモバイルってNTTコミュニケーションズ(NTTコム)と仲が良かったというか、MVNEがNTTコム。NTTコムの技術を使ってカウントフリーなんかをやっていて、NTTコムとガッツリやっている。でも裏を聞くと、LINEモバイルはドコモが非常にやりたがったというんです。でも、ドコモが表に出るといろいろと問題になる。なので、ドコモが一歩引いて、あくまで表向きはNTTコムとLINEという風に見せたんだ、という話なんですよ。

 となると、LINEモバイルを持って行ったソフトバンク恐るべしというか、NTTドコモの中で相当悔しがっている人がいるんだろうなという気もする。LINEにしてみれば、NTTグループにもっと持ち上げてほしかった、助けてほしかったけれど、その力を得られなかったのでソフトバンクに寝返ったんじゃないのかな、という気がちょっとしている。

法林氏 僕は、それはないと思うな。NTTコムとドコモの仲の悪さから考えると、それはないと思う。あの2社はNTTグループ内の敵対会社。どちらかというと、NTTコムがLINEを担いでいたので、だからドコモはいらないという姿勢を取ったし、LINEモバイルがドコモに担がれなかった理由は、NTTコムと組んでいるからだと思います。OCNとドコモは、もともとめちゃめちゃ仲が悪いんですよ。ドコモにしてみれば、OCNがMVNOをやっていることが嫌で嫌でしょうがない。

石野氏 サブブランドなんて呼ばないでほしいと。

法林氏 ドコモは、ドコモ光のISPにドコモnetを積極的に推奨していて、NTTコムのOCNをはがしてでも持ってきたい。ドコモ的にはそうだと思う。ただ、LINEモバイルが担がれなかった理由にNTTコムの存在は大きいと思いますね。
 歴史的に仲は悪いんだけど、それをなんとかしたいという思いを持っている人はきっといるだろうね。ただ、LINEモバイルをソフトバンクが持っていったのは、ソフトバンクとしては、してやったりだろうね。それは事実だと思います。

石川氏 いずれにしろ、NTTグループの息がかかっていたLINEモバイルがソフトバンクに寝返ったということは、契約者数をまるっと持って行かれたということじゃないですか。LINEモバイルも、これからはソフトバンクの回線を借りるだろうし。だんだん、ドコモ系MVNOに行った人たちを丸ごとKDDIとソフトバンクが買っていくという流れができてくるんだろうなという気がすごくする。

石野氏 ユーザーに金を撒けないんだったら、事業者に撒いて買い取ると。

石川氏 次に買収されるMVNOは、たぶん……。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。