人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

FPに聞く1000万円の貯金を作るヒント

2018.04.13

■1,000万円貯金の目標期間は?

1,000万円を貯める場合、気になるのが達成までにかかる期間だ。どれくらいを見込んで計画を立てるのがいいのか。

「世帯年収や家族構成、生活レベルなど多様な因子が複雑に絡みますので、一概にはいえませんが、最近は昔とは違い超低金利時代です。ローリスクローリターンで確実に貯蓄を増やすなら、利息を考慮せず、単純に目標金額を年数で割った額を毎年貯蓄できるかを考えるべきでしょう。ある統計データでは、この20代~30代前半の世帯年収は500万円前後。育児世代でもあるので貯蓄に回せる年額は1割程度の50万円くらいとなり、1,000万円貯めるには20年くらいが目標となるでしょう。元本保証のないハイリスクハイリターンでよければ、現在は多種多様な投資先があるので、それをプロに相談して選択するという方法もあります」

■1,000万円貯金の計画を立てるステップ

1,000万円を貯める場合、計画を立てるステップを柴崎氏は次のように教える。

1.10年先までの一年ごとの収入と支出を想定し、一覧にまとめる
「まずは現状の収入と支出を把握します。そして、その収入と支出の今後10年の一年ごとの変化を想定します。このとき、出産や子どもの就学、介護など大きなライフプランの変化による支出を盛り込むことも忘れずに。現状の支出の内訳を分析し、減らすことができそうな項目を見極めて計画に織り込みましょう。少なくとも10年先までの収入と支出を一覧にまとめます」

2.貯金・投資にどれくらい回せるか見極める
「毎年の収支を計算して目標時期までにどれくらい貯金や投資に回せば達成可能か判断します」

3.達成したい金額に応じて、投資先をプロと相談する。
「毎月、毎年達成したい金額に応じて、投資先を具体的に決めます。適した投資先は、プロに相談して決めるのが一番です」

■1,000万円を貯めるときの注意点

1,000万円を貯めるに当たり、目標設定や日々の生活における注意点を柴崎氏は次のように話す。

1.収入増加はあまり考慮しない
「昔のように毎年、年収が増える時代ではありませんので、計画を立てる際、収入増加はあまり考慮しないことです」

2.家族と目標を共有し、協力して行う
「目標を家族と必ず共有して、支出を抑えるように協力し合いましょう。世帯全員の目標として定義することが成功のポイントです」

3.予定以下であれば分析・対策案を立てる
「月ごとの収支を把握して予定以下であれば原因を分析し、対策案を立てて来月以降にフィードバックしていくことも大切です」

1,000万円貯めることは、ダイエットのごとくしっかりとした目的を持ち、計画的に実施してくことで、成功につながるといえそうだ。

取材協力
柴崎 富美江氏
信販会社、銀行、証券会社等、複数の金融機関に在籍したキャリアを生かし、現在FPとして活躍中。資産運用、保険診断等、的確なアドバイスでお客様から常に高い評価を受けている。ファイナンシャル・ジャパン(株)所属 AFP・TLC・相続診断士等の資格を保有。

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。