人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.06

LINE Payがバーコードをスマホで読み込むだけで公共料金や通信販売の支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」のサービスを開始

LINE Pay株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」において、3月6日より、公共料金や通信販売などの請求書上に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」のサービスを開始した。

2018年3月6日(火)の時点では、東京電力エナジーパートナー株式会社の請求書への対応開始を開始。その後、4月上旬から株式会社電算システム、5月以降順次、SMBCファイナンスサービス株式会社、三菱UFJファクター株式会社の対応開始を予定している。

これまで請求書の支払いには、対応店舗に請求書と現金を持参する必要があったが、「LINE Pay 請求書支払い」サービスをご利用することで、手元に現金がなくても、スマートフォンのみで、いつでもどこでも支払いが可能になる。

「LINE Pay 請求書支払い」サービスの利用には、「LINE」アプリ内から「LINE Pay」の利用規約に同意してアカウントを開設し、事前に銀行口座やコンビニなどで残高のチャージを行った後、手元の請求書上のバーコードを「LINE Pay」のコードリーダーで読み込むことで、電気料金や水道料金といった公共料金や通信販売などの支払いが可能となる。また、一部企業を除き、今後支払い時に「LINEポイント」の利用も可能となる予定だ。

■「LINE Pay 請求書支払い」の利用方法
1)スマートフォンの「LINE」内、「LINE Pay」から「請求書支払い」をタップ
2)案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる
3)お手元の請求書のバーコードを読み取る
4)画面上に表示された請求内容を確認する
5)支払いを行う
6)パスワードを入力する
7)支払い終了(完了時点で、手元の「LINE」アプリにメッセージが届く)

注意事項
*収納会社のうち、SMBCファイナンスサービス株式会社および株式会社電算システムとのご契約先企業については、「LINE Pay」による支払いの導入を希望される場合には別途お申込が必要となります。
*三菱UFJファクター株式会社とのご契約先企業については、「LINE Pay」による支払いの導入を希望される場合には別途ご確認ください。

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ