人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.06

ヤマハ発動機が新感覚の走りと楽しみ方を提案するスポーツ電動アシスト自転車「YPJ」シリーズ新モデル4種を発売

 ヤマハ発動機株式会社は、スポーツ自転車の高い走行性能と電動アシスト機能のメリットをハイブリッドさせた新感覚のスポーツ自転車ブランド「YPJ(ワイピージェイ)」シリーズ新モデル4種を、2018年6月11日より順次発売する。

 新モデルは、本格E-MTB「YPJ-XC(ワイピージェイ エックスシー)」、オンロードタイプの「YPJ-ER(ワイピージェイ イーアール)」「YPJ-EC(ワイピージェイ イーシー)」、トレッキングバイク「YPJ-TC(ワイピージェイ ティーシー)」の4モデル。価格は「YPJ-XC」が35万円、「YPJ-ER」が32万円、「YPJ-EC」が26万円「YPJ-TC」が30万円。

 スポーツ自転車に適したドライブユニット「PW-X」「PWseries SE」や、大容量リチウムイオンバッテリー、ディスクブレーキなど、それぞれのモデル特性に合わせた新機能やパーツを採用しており、いずれもパワフルで快適なアシスト走行性能を実現している。また、車体のサイズはS・M・Lの3サイズを設定し、身長・体格に合わせて選びやすいサイズバリエーションとなっている。

≪「YPJ」シリーズ 新モデル≫
「YPJ-XC」 フィールドを選ばない 大人が楽しめるE-MTB(「PW-X」ドライブユニット搭載)
「YPJ-ER」 大容量バッテリーを搭載し、快適性を持たせたクロスオーバー・ロードバイク(「PWseries SE」ドライブユニット搭載)
「YPJ-EC」「YPJ-ER」から派生した、より身近に楽しめるフラットバーロードバイク
「YPJ-TC」 日常から非日常までカバーする、フル装備のトレッキングバイク

 「YPJ」シリーズは、現在発売中の電動アシストロードバイク「YPJ-R」、クロスバイク「YPJ-C」と合わせて、オンロード、オフロードをカバーする合計6モデルのラインアップとなる。

「YPJ-XC」

 “フィールドを選ばない、大人が楽しめるE-MTB”をコンセプトに開発した、MTBフィールドを縦横無尽に駆け抜けるポテンシャルを持つ本格E-MTB。欧州市場で人気の高いE-MTBに特化して開発したドライブユニット「PW-X」を搭載し、ヤマハならではのパワフルかつ滑らかで、乗り手の動きに素早く反応するハイレスポンスなアシストフィーリングや、E-MTBとしての走りを最大限に楽しめる高い走行性能を実現している。

■車体カラー

 Mat Pure Silver(写真はLサイズ)

■ドライブユニット
 欧州市場で高い評価を受けている、E-MTBでの走行に特化して開発したプレミアムクラスのドライブユニット「PW-X」ユニットを採用。ライダーのペダリングに素早く反応し、乗り手の意のままにパワフルな走行が楽しめる「EXPW(エクストラパワー)モード」を設定。本格的なMTBフィールドでのエキサイティングな走行から街乗りシーンまで、フィールドを選ばず自由な走りを楽しむことができる。

■コンパクトマルチファンクションメーター
 液晶ディスプレイに、バッテリー残量の他、速度や消費カロリー、ペダリングパワー(W)などの様々な情報を表示するコンパクトマルチファンクションメーターを搭載。ディスプレイと別体になったエルゴノミック形状のスイッチ(アシストモード選択ボタン、機能表示を選択するセレクトボタン)は、操作しやすい左グリップ付近に配置、グローブをしたまま操作が可能。走行モードは、「エクストラパワー」「ハイ」「スタンダード」「エコ」「プラスエコ」「オフ」の6モードで、選択している走行モードをディスプレイ上部のランプで大まかに識別できる。(カラーは3種類)

■メインコンポーネント
 高い操作性を実現するSHIMANO製SLXのリヤディレイラー、シフトレバーなどを採用。

■フロントサスペンション
 ROCKSHOX社製のMTB用フロントサスペンションRECON GOLD (120mmトラベル)を採用。悪路での路面追従性やコントロール性を発揮。また、リモート式サスペンションロックアウト機構により、路面状況に応じた走行が可能。

■タイヤ
 大径・ワイドな27.5×2.25 サイズのMAXXISブランドのMTB用タイヤを採用。オフロード走行ではグリップ力と軽快性のバランスを確保し、オンロードでも快適な乗り心地を楽しむことができる。

■大径ディスクブレーキとスルーアクスル
 制動力の高い大径の油圧式ディスクブレーキ(SLXシリーズ)を採用。大径ディスクブレーキ(180mm)に合わせて、剛性の高いスルーアクスルを採用。

■ハンドルバー
 ハンドル幅(740mm)は、オフロードでの操縦性を考慮した本格仕様。

「YPJ-ER」

 “都市部通勤から自転車旅まで対応するクロスオーバー・ロードバイク”をコンセプトに、大容量バッテリーや「PWseries SE」ドライブユニットを搭載し、快適性を持たせたロードバイク。SHIMANO製Tiagraデュアルコントロールレバーやフロント・リヤディレイラー、油圧式ディスクブレーキなどを搭載し、スイッチと液晶ディスプレイが別体となったコンパクトマルチファンクションメーターやバッテリー供給型のヘッドランプなどの新機能も採用している。

■車体カラー

Mat Black 2(写真はLサイズ)

■ドライブユニット
 街乗りからツーリングまで幅広いシーンで快適な走行感覚を実現する「PWseries SE」ユニットを採用。

■コンパクトマルチファンクションメーター
 液晶ディスプレイに、バッテリー残量の他、速度や消費カロリー、ペダリングパワー(W)などの様々な情報を表示するコンパクトマルチファンクションメーターを搭載。乗車姿勢に合わせて、ステム前方に配置している。ディスプレイと別体になったスイッチ(アシストモード選択ボタン、機能表示を選択するセレクトボタン)は、人間工学に基づいたエルゴノミック形状で、グローブをしたまま操作が可能。走行モードは、「ハイ」「スタンダード」「エコ」「プラスエコ」「オフ」の5モードで、選択しているモードをディスプレイ上部のランプで大まかに識別できる。(カラーは2種類)

■メインコンポーネント
 高い操作性を実現するSHIMANO製Tiagraのデュアルコントロールレバー、フロント・リヤディレイラー(外装変速20段)、油圧式ディスクブレーキなどを採用。

■タイヤ
 700×35Cタイヤを採用し、通勤からツーリングまで幅広いシーンで快適な走行を実現する。

■大径ディスクブレーキとスルーアクスル
 制動力の高い油圧式ディスクブレーキを採用。併せて、剛性の高いスルーアクスルを採用。

■バッテリー供給式のヘッドランプ
 大容量バッテリー搭載のメリットを生かしたヘッドランプは、コンパクトなサイズでありながら安定した明るさで、夜間走行時に便利。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ