人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.06

アウディがマイルドハイブリッドエンジンを標準搭載するなど『A6』を一新

新型『A6』

MMIタッチレスポンス操作システム:直感的な操作とカスタマイズが可能

新型『A6』のMMIタッチレスポンス操作システムは、直感的な操作とパーソナライゼーションにおいて新たな基準を設定する。この広範囲でインテリジェントなパーソナライゼーションオプションにより、新型『A6』はドライバーの好みを反映。フルデジタルの操作システムには、お気に入りボタンが設置され、乗員の好みの設定を簡単かつ素早く呼び出すことができる。最大7人のドライバーが、最大400ものパラメーターを設定して、自分のユーザープロファイルをクルマに記憶させることが可能になった。

新型『A6』は、日常会話に対応したボイスコントロールにより、対話が可能なインテリジェントなパートナーやトラベルガイドともなる。ドライバーが発した質問またはコマンドを処理する方法は2種類。ひとつは車両に蓄積されたデータを利用するもので、もうひとつはMMIナビゲーションプラスとの組み合わせにより、クラウドの詳細なデータを活用する方法だ。

触覚及び音響によるフィードバックを備えたMMIタッチレスポンス操作システムは、直感的な操作を提供。タッチパネルに指が触れて機能が作動すると、ユーザーは確認のためのクリックを耳で聞いて指で感じることができる。上部のディスプレイはインフォテインメントシステム用で、下部のディスプレイは空調コントロール、テキスト入力やコンビニエンス機能の操作に使用する。

MMIナビゲーションプラス及びAudi connect(アウディコネクト):アッパーミドルセダンに、より高い利便性を提供

新型『A6』は、優れた安全性、利便性、パーソナライゼーションを実現するために、広範囲なコネクティビティを提供する。MMIナビゲーションが標準装備、MMIナビゲーションプラスはオプション設定となっている。最上位のデータ転送モジュールは、新しいLTE-Advanced(LTEアドバンスト)に対応する。

さらに、MMIナビゲーションプラスは、新しいナビゲーション機能も備える。これらの新機能には、過去に走行したルートに基づく自己学習機能が含まれる。この機能では、目的地に対するインテリジェントな提案も行われ、ルートガイダンスは、サービスプロバイダーのHEREが運用するサーバーを経由して、オンラインで提供される。ここでは、走行する全地域における交通状況も考慮される。
Audi connectオンラインサービスは、道路標識やハザード情報といったcar-to-Xサービスも提供。この機能は、アウディフリートから得られたスウォームインテリジェンス(群知能)を活用して、Audi A6と周囲環境をネットワークで接続するものだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ