人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.06

KDDIの新社長に就任する高橋誠氏に期待すること

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はKDDIの新社長へ就任予定の高橋誠氏について議論します。

■中期経営目標の3か年計画途中で社長交代のサプライズ

房野氏 先日、KDDIが決算発表後に、突然、人事異動を発表し、4月から新社長に、現在、代表取締役執行役員副社長の高橋 誠氏が就任します。これについてどう思われましたか?

2018年4月1日付けでKDDIの代表取締役 社長へ就任する高橋 誠氏

房野氏

石川氏 高橋さんが社長になるのは既定路線だと思っていたので、そこに驚きはないんですけど、あの発表の仕方に驚いた。サプライズ感があった。

石川氏

石野氏 狙ってましたよね。

石野氏

石川氏 もうちょっと事前に告知してもいいんじゃないのかなと。決算会見に向かっている途中にメールが届いた。

法林氏 しかもOPPOの発表会が直前にあった。

石野氏 決算会見に身が入っていない田中プロ(KDDIの代表取締役社長 田中孝司氏)、みたいな。質疑応答で、普段言わないような壮大な話もしてた。

KDDIの代表取締役 社長 田中孝司氏

石川氏 決算会見の15分前に告知があったときは、もしかしたら会社の買収とかの話かと思っていた。始まる直前に、広報部が人事の発表がこの後あるということを言い始めて、あっ、社長が変わるんだなと思った。某所に問い合わせたら「えへへ」みたいな返事が来たので、そういうことかと思って決算会見の話を聞いていました。決算会見の中では当然、楽天の新規参入表明の話が出ました。そのときに田中社長が、それについてとうとうと語り始めたんです。ドコモの吉澤さん(NTTドコモの社長 吉澤和弘氏)みたいに、決まっていないことについては話せないというのではなく、楽天が参入するのは理解できる、業界全体がトランスフォーメーションしていく中で、楽天が通信をやりたいのはよく分かる、という話をとうとうとして、やたらと次の世代とか次世代とか、世代が変わるアピールがあったので、これはこれはと思った。そのときに、ふと床を見たらスクリーンの下が台になっていたんですよ。台があるなと思って。

NTTドコモの代表取締役社長 吉澤和弘氏

法林氏 この台、何? って思ったよね。すごく不自然だった。

法林氏

房野氏 ざわざわしていたんですか?

石川氏 いや、そのときに気がついた人はほとんどいなかったと思う。

石野氏 決算発表の最後に、この後、人事の発表がありますってアナウンスがあったときにちょっとざわついて、高橋さんが出てきたときにおぉーと。

房野氏 高橋さんは温かく迎えられたんですか?

法林氏 そりゃそうですよ。報道関係者で通信業界が長い人はほとんど、仕事で接点があった。みんな言っていたけど、自分たちがかつて取材していた人、EZwebや端末、サービスを広く担当していた人が社長になったので、嬉しいと思うし、KDDIの中では一番キャラが立っている人。そこは面白いと思う。これまで、KDDIの次の社長は誰がなるのか、みんなで散々話していたときに、僕は高橋さんがあまりにも既定路線すぎるので絶対違うと言い続けていたけど、まあ、予想通りの結果でした、みたいな感じ。

石川氏 高橋さんはauの顔だった人なので、そこに戻ってきたという気がする。田中社長はUQコミュニケーションズの社長になってメディアに顔が売れて、KDDIの社長になって「田中プロ」とか「禁断のアプリ」とか言って、なにか違うぞ、みたいなことになって注目された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ