人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.05

+10万円でお得な装備が満載のボルボ『V40 T3 NAVI Edition』

ボルボ・カー・ジャパンより、「V40 T3」のエントリーグレード 「V40 T3 Kinetic」 をベースにした特別仕様車 「V40 T3 NAVI Edition」 が発売された。本体価格は349万円(税込)。ボディカラーはブラック、パッションレッド、アイスホワイト、アマゾンブルー。

「V40 T3 NAVI Edition」 は「V40 T3」のエントリーグレード 「V40 T3 Kinetic」 をベースに、HDDナビゲーション・システム、PCCキーレスドライブ、ボルボ・ガードシステム、純正ドライブ・レコーダーを特別装備。本体価格を 「V40 T3 Kinetic」 比で10万円高の349万円とした特別仕様車だ。

40シリーズの他グレードと同様、「歩行者エアバッグ」をはじめ、「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」等、11種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備している。

■主な装備

「HDDナビゲーション・システム」  (21万9888円相当)
ボイスコントロールによるルート探索が可能なHDDナビゲーションシステム。 地図データを無償で最新版に更新できるマップケアも付帯している。

「PCCキーレスドライブ / ボルボ・ガードシステム(盗難防止装置)」 (8万3000円相当)
キーを身に付けていれば、ドアのロックおよび解除、エンジンの始動が可能となる。また、車内セキュリティの状態をリモートキーのランプ表示で確認することができ、ドアロック後に車内で何らかの動きが検知されると、ムーブメントセンサーによりアラームが作動する。

「ボルボ純正ドライブ・レコーダー」 (6万48円相当)
スウェーデン本社のEMS(電波妨害確認)テスト、クラッシュテストを含む、ボルボの安全基準に従って開発されたドライブ・レコーダーだ。電源オンからオフまで自動的に常時記録され、Wi-Fi接続によるスマートフォンでの視聴や動画の保存、設定変更を直感的に手元で行なうことができる。

関連情報

https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/naviedition

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ