人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.04

三菱がスタイリッシュなクーペフォルムと機動力を融合させた新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を発売

三菱自動車は、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を全国の系列販売会社を通じて販売を開始した。車両本体のメーカー希望小売価格は253万2600円~309万5280円(消費税込)。

エクリプス クロス

『エクリプス クロス』は、コンパクトSUV『RVR』とミッドサイズSUV『アウトランダー』及び『アウトランダーPHEV』のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる新型コンパクトSUVだ。これまでにないスタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合した、同社らしいクーペSUVとして、行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン、新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィールを特徴としている。「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というドライバーの想いに応えるクーペSUVの誕生だ。

『エクリプス クロス』は中期経営計画“DRIVE FOR GROWTH”を達成するためのグローバル戦略車になる。同車は岡崎製作所(愛知県岡崎市)で生産しており、すでに2017年10月に欧州、11月に豪州・ニュージーランド、アセアン地域、2018年1月に北米に向けて出荷。最終的に約80か国へ展開する計画だ。国内では2017年12月22日より予約注文を受け付けており、2018年2月末時点で約5000台の予約注文を獲得しているという。

エクリプス クロス

まずデザインは高いヒップポイントによる見晴らしのよさやルーミーな室内空間といったSUVとしての機能性を一切妥協せず、都市に際立つダイナミックで存在感のあるクーペスタイルを実現。SUVにこだわりを持つ同社らしいクーペSUVとした。同時に力強いパフォーマンスと、人とクルマを守る安心感を表現した「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを、さらに更に進化させた。
薄くてシャープなLEDヘッドライト*1とLEDデイライトをフロントフェイス上部に配置し、ターンランプとフォグランプを下部に配置することで、より精悍なイメージを表現するとともに、ターンランプの視認性の向上も図っている。

エクリプス クロス

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。