人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

駅旅写真家がおすすめする生涯一度は訪れたい春の絶景駅6選

2018.03.29

 日本には約9600の鉄道駅があるが、なかには「旬」の季節を迎えると周囲の景観がきわめて美しく、いつまでもホームに佇んでいたくなるようなところがある。

 そうした駅を「絶景駅」と名づけ、旬の瞬間を写真に撮り続けてきたのが、駅旅写真家の越信行さんだ。越さんが、これまで撮影してきた駅は約4,500。そのなかから「絶景駅」としてセレクトしてまとめた写真集『絶景駅100選』(山と溪谷社)が刊行されている。

 今回は本書から、桜の咲く春の「絶景駅」を6つ挙げ、各駅の見どころを越さんにコメントしていただいた。

■会津鉄道 湯野上温泉駅(福島県)

 日本でも屈指の湯量を誇る、福島県南会津郡の湯野上温泉。この温泉街のそばにあるのが、東北の駅百選に選ばれた湯野上温泉駅で、木造茅葺き屋根というきわめて珍しい駅舎。待合室には囲炉裏があるなど風情があり、撮影スポットとしても人気。

越さん:桜がホームを埋めつくす駅は全国にいくつかありますが、茅葺き屋根の駅舎とコラボが見られるのは全国でもここだけ。近くにある会津西街道の宿場町・大内宿にちなんで建てられた北海道・東北地方を代表する駅です。

■真岡鐵道 北真岡駅(栃木県)

 緑のモザイク模様が独特のモオカ14形気動車のほかに、蒸気機関車が走る路線として知られる真岡鐵道真岡線。関東の駅百選に選ばれた、SLを形取った駅ビルが印象的な真岡駅の隣にあるのが北真岡駅。こちらは地味な無人駅だが、桜が咲く時期になると雰囲気は一変。

越さん:4月上旬。この駅から五行川までの約800メートルの区間に約1000本の桜と菜の花が咲き乱れます。そのボリュームは、関東地方のみならず全国でも屈指。特に、夕日に照らされる時間帯に花々がいっせいに輝き出す瞬間は絶景となります。

■JR越美北線 勝原駅(福井県)

 終着駅の付近に位置する九頭竜湖にちなんで、九頭竜湖線の愛称があるJR越美北線。福井県では唯一となった非電化路線で、1両編成のキハ120形気動車が走る姿は愛嬌がある。終着となる福井県最東端の駅、九頭竜駅から2つめが勝原(かどはら)駅である。

越さん:中部地方には桜の駅として有名なのと鉄道の能登鹿島駅がありますが、桜に加え菜の花、花桃、チューリップなどが咲き乱れるのが勝原駅です。ピンク、黄、赤と多彩な花々に彩られ、そこはまさに桃源郷となります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。