人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.03

F2.8-4.0「ELMARIT」の明るさを実現したパナソニックのマイクロフォーサーズシステム用交換レンズ『H-ES50200』

パナソニックは、デジタル一眼カメラLUMIX Gシリーズで採用している「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した交換レンズ『H-ES50200』を5月24日より発売する。希望小売価格は25万5000円。

『H-ES50200』の発売により、同社の「マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ」は31本となり、レンズ交換による表現の楽しみをさらに拡げる。撮影目的やスタイルに合わせてボディとレンズの組み合わせが拡がることで、カメラ愛好家から初めてデジタル一眼を手にする人まで、幅広い人に写真撮影や動画撮影の楽しみを提案するという。

■ズーム全域で高画質、美しいボケ味を活かした撮影ができる

ライカの厳しい光学基準をクリアし、F2.8-4.0「ELMARIT(エルマリート)」の明るさを実現。美しいボケ味を楽しめる。非球面レンズ2枚、UEDレンズ2枚を採用し、それらを最適に配置することで、ズーム全域で優れた描写性能を発揮する。また、ナノサーフェスコーティングの採用によりゴーストやフレアを低減する。

■望遠100mmから400mmまでの領域をカバー

望遠100mm~400mmズームレンズなので、スナップ撮影から遠くの野生動物やスポーツ撮影までが可能。別売の1.4xテレコンバーターを装着すれば560mm、さらに別売の2.0xテレコンバーターを装着すれば最大で800mmの超望遠撮影も楽しめる。また、大口径F2.8と高解像度を生かして、人物のポートレートや動画撮影も楽しむことができる。軽量・コンパクトで防塵・防滴仕様、耐低温(マイナス10℃)性能を備えている。またボディ/レンズ両方の手ブレ補正を最適に制御する「Dual I.S. 2」にも対応しているので、暗所でのフラッシュなしの撮影や、望遠時の手持ち撮影が可能。

■最新の光学設計と高速・高精度AFで4K動画撮影をサポート

最新の光学設計により、4K動画撮影中のAFサーチ時の微小な画角の変化、および手ブレ補正動作時の周辺画像の歪みを極小に抑える。さらに240fps駆動の高速・高精度コントラストAFに対応することで、幅広い撮影シーンにおいて被写体をしっかりととらえる。AFトラッキング性能の向上により、素早く動く被写体でもしっかり追従。また、輝度変化が大きいシーンでも、F値変化を滑らかに制御することで、露出変化を低減し、更にズーム時も安定した露出制御をサポートする。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ