人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.02

南米発祥の箱型打楽器“カホン”を自動演奏するソロミュージシャンのためのロボット『Cabot』

自動リズム演奏ロボットCabot(カボット)を開発するUTSUWAは、2018年3月11~14日に米国テキサス州オースティンにて開催されるSXSW 2018 Trade Showに出展する。

Cabotは南米発祥の箱型打楽器“カホン”を自動で演奏する、ソロミュージシャンのために開発されたロボットだ。バンド仲間がいなくてもCabotが奏でる生音リズムと一緒にセッションを楽しむことが可能。

現在まだCabotは開発段階だが、世界中から音楽や新しいものが好きな人々が集まるSXSW Trade Showへの出展は昨年に続き2回目。2018年は最新版プロトタイプのCabotが出典される。

Cabotの4つの特徴

1. Make your sessions tight!
生演奏セッションをもっと楽しく、もっと気軽に。Cabotは、新しい音楽体験のパートナーだ。Cabotは打楽器のカホンに装着し、オリジナルアプリケーションと連携することで、手軽に生音でのセッションが叶うロボット。プレーヤーのパフォーマンスの可能性を広げ、ともに豊かで新しい音楽体験を創出する。

2. Feel more
あなたの目の前でCabotが動き、生音を奏でる。演奏者だけでなく、周囲も巻き込み広がるワクワク感が得られるのだ。

3. Performance with people!
Cabotは、音楽を愛するあなたのパートナー。あらゆる楽器との新感覚セッションが楽しめる。

4. More intelligence
専用のスマートフォンアプリでリズム作曲が可能。他のユーザーとのシェアや、あなたのMIDI機器との接続ができる。さらに今後のバージョンアップで、Cabotはどんどん賢くなる予定。

関連情報

https://cajon-robot.com/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ