人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.01

横幅100mmのポケットサイズで120インチ大画面を実現したASUSのDLPプロジェクター『ZenBeam Go E1Z』

ASUS JAPANはMirco USBで簡単に接続できる120インチ大画面のポケットサイズプロジェクター、『ZenBeam Go E1Z』をAmazon.co.jp限定で日本市場向けに発売することを発表。3月10日より販売を開始する予定だ。価格はオープン価格。

ZenBeam Go E1Z

『ZenBeam Go E1Z』は電源がないところでも使えるバッテリー内蔵のモバイルプロジェクター。最長約5時間の連続駆動を実現しており、コンセントに接続することなく外出先などどこででも写真を見たり、動画を見たりと気軽に使うことができる。サイズもほぼ手のひらサイズのため、バッグなどに入れてもかさばらずにスマートに持ち運ぶことが可能だ。

『ZenBeam Go E1Z』はラップトップ、PC、およびモバイルデバイスに対応。モバイルデバイスからアプリやコンテンツを投影するには、DisplayLinkアプリをダウンロードして使用する。バッテリーステータスの確認や、明るさまたはバッテリー設定の調整には、ZenBeamアプリを用いる。

ZenBeam Go E1Z
画質面ではコンパクトな本体サイズでありながら、最大150lmの明るさ(電源接続時)を実現しており、投写サイズは120型まで対応。スマートフォンなどと一緒に持ち歩き、好きな場所で大迫力の大画面を楽しめる。また、DLP IntelliBright技術によって、一般的なDLP方式のプロジェクターと比べて、輝度とコントラストを最大30%向上していながら、消費電力は最大50%抑制。解像度は854×480ドットを実現しており、高精細で美しい画面を楽しめる。

音声機能は2W出力のパワフルなモノラルスピーカーを内蔵しているため、ノートPCやスマートフォンから音を出したりスピーカーを持ち歩いたりする必要がない。オーディオ最適化技術のASUS SonicMaster技術も搭載しており、小さな本体からは想像できないほどのオーディオ品質を実現しているという。

ZenBeam Go E1Z

内蔵する6400mAhのバッテリーはモバイルバッテリーとして使うことができ、背面にある給電用のUSBポートにスマートフォンなどを接続して充電を行なえる。

本体サイズは幅110×奥行き83×高さ29mm、約307g。光源はLED。最大解像度は854×480ドット。投写画面サイズは16~120型。入力端子はMicro-USB ×1。内蔵バッテリーはリチウムイオンバッテリー(6400mAh)。バッテリー駆動時間は5時間(明るさ50ルーメン時)。

関連情報

https://www.asus.com/jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ