人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.06PR

春からの新生活、コスパも性能も抜群のファーウェイの最新デバイスがアナタをサポート!【PR】

【ファーウェイ・ジャパン】

※次ページの最後にキャンペーン詳細あり。

この春からの新生活をともにするスマホやタブレット、PCを選ぶなら、ポイントは仕事に遊びに、自分のポテンシャルをとことん高めてくれること。例えば、auから発売中の『HUAWEI nova 2』は、ダブルレンズ採用のメインカメラに加えて、サブカメラにも約2000万画素の高精細カメラを搭載。後から加工する手間なく、常に自己ベストなセルフィーが撮れる。

またSIMフリースマホ派の方にはLeicaのダブルレンズを搭載し、内蔵のAIチップセットがシーンや被写体を自動認識する『HUAWEI Mate 10 Pro』がオススメ。どんなシチュエーションの撮影も失敗知らず。このほか、迫力サウンド&耐水仕様の『HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp』は、タブレットとしてはもちろんテレビ代わりにだって使えるし、スリム&軽量で携帯性に優れた『HUAWEI MateBook X』があれば、いつでもどこでも場所を選ばずサクサク仕事が進む。いずれも手にすれば今までできなかったことができる、そんな頼もしい相棒デバイスだ。

これらのファーウェイ製デバイスを使いこなせば、オンタイムもオフタイムもより便利に楽しく、自分の持てるポテンシャルを高めて、仕事も遊びもデキる人になれるはず。そこで具体的なシチュエーション別に、どのようなポテンシャルアップがはかれるのかをチェックしてみた。


ファーウェイ製デバイスでオンタイムもオフタイムも新生活をより充実させよう!

【オンタイム編】

『HUAWEI nova 2』は、片手操作しやすいサイズ感でスキ間時間を有効活用

初めての仕事、初めての取引先と、初めて尽くしの新生活はとかく忙しい。そんな忙しいビジネスパーソンのスマートフォンに求められるのは、いつでもどこでも素早く使える取り回しの良さだ。電車の中やふと立ち止まった瞬間に、必要な情報を素早くチェックするためには、見やすい大画面と片手操作しやすいコンパクトさを、絶妙なバランスで持ち合わせていなければならない。auから発売中の『HUAWEI nova 2』は、約5.0インチのフルHDディスプレイを搭載しつつ、幅約69×高さ約142×厚さ約6.9mm、重さ約143gと、女性の手にも持ちやすいサイズ感を実現。また背面にはつや消し加工されたメタル素材を採用。2.5Dガラスで凹凸を抑えたラウンド形状と相まって、片手でもしっかりとグリップできるよう工夫されている。


約5.0インチのフルHDディスプレイを搭載。見やすい大画面かつ片手で操作しやすいサイズ感になっている。

ファーウェイ製のスマホなら、「文書スキャン」モードで名刺や書類も簡単にデータ化

『HUAWEI nova 2』は片手操作しやすいコンパクトモデルながら、搭載バッテリーは2950mAhで急速充電にも対応するなど、十分なスタミナを備える。背面には指紋センサーとダブルレンズを搭載。2つのレンズを使って絞りを調整し、撮影したあとからピントをあわせる位置を変更できる「ワイドアパーチャ」機能ほか、多彩なカメラ機能もファーウェイ製スマートフォンの特徴のひとつ。ホワイトボードのデータ化や書類のスキャニングに便利な撮影モード「文書スキャン」もあり、名刺の取り込みも簡単。取り込んだ名刺のデータを電話帳の連絡先とリンクさせることもできる。


名刺交換したらすぐに「文書スキャン」で撮影。名刺を自動認識して切り抜きし、ゆがみを補正してくれる。

AI搭載の『HUAWEI Mate 10 Pro』なら、シーン自動認識でラクに失敗なく撮れる

今やビジネスシーンでも、スマートフォンのカメラが大活躍。手軽に撮って見られるので写真をメモ代わりに使えるのはもちろん、撮影できる写真の解像度が高くなっていることもあって、最近は報告書やプレゼンに使用する写真も、スマートフォンで撮るケースが増えていると聞く。プレゼンの成否はスマホカメラ次第といったら少し大げさに聞こえるが、きれいに撮れることはもちろん、仕事に使うならどんなシチュエーションでも失敗せずに撮影できることが大切だ。その点において、SIMフリースマートフォンの最高峰『HUAWEI Mate 10 Pro』は、これ以上ない頼もしい存在だ。AI内臓チップセットを搭載し、予めインプットされた1億枚に及ぶデータベースをもとに、カメラを向けるだけで被写体を自動的に認識。何も考えずにシャッターを切るだけで、シーンにあわせたベストな設定での撮影ができる。


撮影対象を自動的に認識し、それぞれのシーンにベストな設定での写真撮影ができる。

翻訳機能搭載の『HUAWEI Mate 10 Pro』なら、外国人とのコミュニケーションも怖くない

『HUAWEI Mate 10 Pro』搭載のAIは、写真だけでなく、音声認識にも優れた性能を発揮。標準搭載の翻訳アプリでは前述の写真解析技術を応用して、カメラでかざした外国語を瞬時に文字認識して翻訳してくれるほか、音声を認識して翻訳、発話することもできる。これさえあれば海外出張や、外国人相手の商談も怖くない!


ファーウェイ用にカスタマイズされたマイクロソフトの翻訳アプリがプリインストールされている。

薄くてスタイリッシュな『HUAWEI MateBook X』で、どこでもサクッと仕事がこなせる

さらに、ビジネスシーンに欠かせないノートPCも、ファーウェイ製は一味違う。世界第3位のシェアを誇るスマートフォンの開発で培ってきた、様々な技術をノートPCに応用。例えばディスプレイは、まるでスマホのように狭額縁でコンパクト。かつスリムデザインで、軽快に持ち歩くことができる。指紋センサー兼電源ボタンを押せば、使いたいときに安全かつ素早くPCを起動して作業することが可能。ボディは同社のハイエンドスマートフォン同様のアルミ削り出しで、スリムでも頑丈にできている。つや消し加工のスタイリッシュな外観はカフェなどでも目を引くこと間違いなしだ。


スリム&スタイリッシュかつ、バッテリー駆動時間は約10時間とスタミナもばっちり。カフェでのモバイルワークも捗る。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ