人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.01

従来比約1.8倍の高速処理を実現!新世代画像処理エンジンBIONZ Xを搭載したソニーの新型ミラーレス一眼『α7 III』

ソニーは、新たに開発した有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R(エクスモアアール)と最新の画像処理システムを搭載し、ソニーの最先端カメラ技術を小型ボディに凝縮したレンズ交換式デジタル一眼カメラ『α7 III』を発売する。価格はオープン価格。

『α7 III』は、新開発のフルサイズ裏面照射型イメージセンサーと従来機『α7 II』比 約1.8倍の高速処理を実現した新世代の画像処理エンジンBIONZ X、イメージセンサーからの読み出し速度を約2倍に高速化したフロントエンドLSIの搭載により、高感度ISO204800の広い感度性能や、解像とノイズ低減の両立による最大1.5段分の画質向上、低感度時約15ストップの広いダイナミックレンジを備えている。

また、独自のAFシステム4Dフォーカスに対応し、メカシャッター時およびサイレント撮影時においてAF/AE追従 最高約10コマ/秒の高速連写を実現する。さらに、5.0段の補正効果のある光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能、画素加算のない全画素読み出しによる高解像4K動画と、4K HDR、S-Logに対応するなど、充実した静止画・動画撮影機能を小型ボディに凝縮している。

 

さらに、一回の充電による静止画撮影可能枚数は、ミラーレスカメラとして業界最大の710枚。また、同時記録やリレー記録に対応する2つのメディアスロット(スロット1はUHS-II対応)、高速データ転送が可能なSuperSpeed USB(USB 3.1 Gen 1)対応のUSB Type-CTM端子、マルチセレクター、タッチパネルを搭載し、高い信頼性や操作性を備えている。縦位置グリップ『VG-C3EM』やグリップエクステンション『GP-X1EM』なども使用可能だ。

★スペシャルイベント

3月1日から4日開催のカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2018」のソニーブース(G-01)にて、同機の撮影を体験可能。また、「CP+2018」との連動企画として、パシフィコ横浜で開催される「CP+2018」のスペシャルセミナーを体験できるイベントなど、全国5ヵ所のソニーストア内「αプラザ」で限定イベントを開催する。
www.sony.jp/ichigan/a-universe/specialevent/cpplus2018/plaza-event/

【製品情報】
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M3/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ