人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自転車、クルマ、タクシー、話題の乗り物系シェアリングサービス採点簿

2018.03.24

手軽で便利な移動手段として、広まる乗り物のシェアリング。またデリバリーも、個人が担う時代になってきた。

◎国内外から新規参入が続々。シェアサイクルが熱い!

 今年最も注目を集めそうなシェアリングサービスのひとつが、自転車。中国では今、乗り捨て可能なシェア自転車が大人気だが、昨年、そのトップ企業であるMobikeが日本へ進出。今年、LINEと提携した新サービスをスタートさせるほか、国内ではあのメルカリも参入予定だ。さらに自転車シェアシステムの「HELLO CYCLING」を使ったサービスを提供するダイチャリは、セブン-イレブンと提携。駐輪場を、コンビニの店舗に設置していく計画を発表している。日本では中国のようにどこでも乗り捨てというわけにはいかないが、コンビニの参入で便利な場所に駐輪場さえ確保できれば、ビジネスとして成功する可能性は十分にある。

 また、都心を中心に広がるカーシェアリングサービスで今、注目を集めているのが、個人が個人にシェアするC to Cのサービス。DeNAの「Anyca」に続き、昨年秋にはドコモも新規参入を果たしている。

 一方、タクシー業界の反発もあり、日本では普及が難しいと言われているライドシェアサービスにも動きが。国交省主導、タクシー会社協力のもと、複数のユーザーでタクシーに相乗りできる新サービスの実証実験が、期間限定ながらスタートしている。このほか人手不足が深刻な宅配業界でも、シェアリングサービス導入の動きが活発になっているなど、どのサービスも目が離せない状態だ。

シェアサイクル

【ダイチャリ】

ダイチャリ ロゴ

ダイチャリ

■2018年度中に1000店舗のセブン‐イレブンをステーション化

ソフトバンクグループのOpenStreet社が提供する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用。セブン-イレブンと協業し、全国主要エリアの店舗をステーション化していく。まずは埼玉県さいたま市から設置を開始。2018年度中に1000店舗に展開予定。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。