人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.28

【MWC2018】オンキヨーがDTS:X Premiumを搭載した4K UltraHDディスプレイ搭載タブレットを発表

オンキヨーはスペイン・カタルーニャ州・バルセロナにて開催中のMWC(Mobile World Congress) 2018において、4K動画コンテンツの新たな楽しみ方を提案する『GRANBEAT  Hi-Res Tablet』を参考出品した。

GRANBEAT  Hi-Res Tablet

 

日本国内では既にCS放送やケーブルテレビで4K放送が始まっているが、さらに2018年12月にはBS放送でも開始され、ますます4Kコンテンツを楽しめる環境が増えてくる。 一方、ネットワークを使ったストリーミングサービスを利用することで、モバイル環境でタブレットで楽しむ人も増加。4Kコンテンツであってもリビングだけでなく、プライベートで楽しむ時代がすぐそこまで来ている。

このように視聴環境が変化する中でも4Kコンテンツを楽しむためには、4Kに対応した高精細なパネルだけでなく、音の環境が重要になってくる。そこで今回の”GRANBEAT” Hi-Res Tabletでは、4K対応パネルに加え、独立した4基のスピーカーを搭載することで、モバイル環境においても4Kコンテンツを最良のコンディションでお届けすることを提案する。このモデルはパーソナルシアターとしてだけでなく、高精彩を必要とするビジネスシーンにおいても活用できる。

同社では、「今後も、当社が培ってきた音と映像の技術を組み合わせ、お客様への新しい楽しみ方をご提案いたします」とコメントしている。

“GRANBEAT” Hi-Res Tablet

4Kコンテンツをパーソナル環境で利用したい人、ビジネス・シーンで訴求力の高いコンテンツを利用したい人など、これまでのモバイル端末では実現できなかった画質と音質を提供できる高精細4K UltraHDディスプレイのタブレットだ。世界で初めてDTS社が新規に開発したDTS:X Premiumを搭載することで、バーチャルサラウンドの効果による豊かな音場を提供。さらに、タブレット初の4chディスクリートスピーカー出力に対応する。商品仕様、導入地域、希望小売価格、発売予定時期については現在検討中。

関連情報

http://www.jp.onkyo.com/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ