人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.04

大切な品をしまいたくなる!部屋の片隅で想い出を刻む桐箱『想ひ凾』

 桐箱といえば、古来より日本人の文化文明を支えてきた道具である。

 文書や何かしらの品物を保存する時は、必ず桐箱に収める。桐という素材は優れた防湿防虫効果を持っているからだ。

 筆者の自宅にも桐箪笥がある。祖父から引き継いだものだ。戦後間もない物資不足の頃に作られたものだから、ところどころの部品がチープではある。しかし、経年変化を楽しめる立派な木工製品だ。

 さて、この記事でご紹介するのは新潟県加茂市発のお洒落な桐箱である。

■Makuakeに登場の「小さな桐箱」

 本題に入る前に、筆者の自宅の桐箪笥についてもう少し書かせていただきたい。

 この画像を見て分かる通り、傷だらけだ。部品の欠損もある。しかしこれこそが、木工製品の魅力ではないかと筆者は考えている。

 皮革と同じく、木工製品は年月を重ねてからこそのものだ。

 この度、新潟県加茂市の野本桐凾製作所がクラウドファンディング『Makuake』にこんなものを出展した。製品名は『想ひ凾』。桐素材の収納家具であるが、蓋を閉じた時の長さは300mmと決して大きくないものだ。

 蓋の開口部が波型になっている。重量は1.1kg。四畳半の部屋に設置しても邪魔になることはないサイズだ。

 実際に持ってみても、非常に軽い。それこそテーブルの上にポンと置いてもまったく問題ないほどだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。