人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.27

日産がLCV事業第1号となるフレームSUV『テラ』を公開

日産自動車は同社新中期計画「Nissan M.O.V.E to 2022」におけるLCV(ライト・コマーシャル・ビークル、小型商用車)事業において新型車第1号となるフレームSUV『テラ』を、この春中国で初公開すると発表した。

日産のLCVには、ピックアップトラック、バン、小型トラックがあり、フレームSUVと合わせると、世界で販売する日産車の6台の1台を占めているという。LCV事業の成長は中期計画の目標達成には必要不可欠であり、そのポテンシャルを最大限に引き出すべく、2022年までにLCVとフレームSUVの販売台数を40%増やすと同時に、「ピックアップトラックおよびフレームSUVでグローバルリーダーとなることを目指します」と同社ではコメントしている。

LCV事業担当のアライアンスSVPであるアシュワニ グプタ氏は、こう話す。
「新型『テラ』のお披露目が、間もなく中国で行なわれます。この実用的かつ頑丈な本格的フレームSUVは、日産のLCVの『どこにでも行ける(Go Anywhere)』を体現しています。『テラ』は、今春より中国を皮切りに、アジア各国で発売する予定です」

さらに続けて、「日産のLCV事業は着実に成長しています。日産の意欲的な中期計画と、ますます拡大する商品ラインアップにより、私達はこの成長の継続を確信しており、同時にとてもわくわくしています。『テラ』が間もなく発売され、数々の賞を受賞した『ナバラ』は、現在、世界133の市場で販売されており、世界中でますます多くのお客様が日産のLCVを購入されています」とコメントしている。

ちなみに2017年、日産のLCVとフレームSUVのグローバル販売台数は、前年比7%増の90万7929台だった。
新型「テラ」に関する詳細は4月に発表される予定だ。


関連情報

http://www.nissan.co.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ