人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.27

ブランド誕生25周年を迎えたキヤノン「EOS Kiss」シリーズに初のミラーレスモデルが登場

キヤノンは、エントリークラスの一眼レフカメラにおける代表的なブランド「EOS Kiss」を製品名に初めて冠したミラーレスカメラ『EOS Kiss M』を3月下旬より発売を開始する。
ラインアップはボディー単体 、EF-M15-45 IS STM レンズキット、EF-M18-150 IS STM レンズキット、ダブルレンズキット(EF-M22mm F2 STM、EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM)、ダブルズームキット(EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STM)。いずれも価格はオープン価格。本体カラーはホワイト、ブラック。

EOS Kiss M

EOS Kiss M(ホワイト)
EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM(シルバー)装着時

『EOS Kiss M』は、カメラ初心者でも本格的な撮影を簡単で手軽に楽しみたいというニーズに対応したミラーレスカメラだ。同社では今回の発売に際して「『EOS Kiss M』は、カメラ初心者でも本格的な撮影を簡単で手軽に楽しみたいというニーズに対応したミラーレスカメラです」と説明している。

その特徴としては、まず約2410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載。肌の質感やニュアンス、色の微妙なグラデーションまで繊細に表現することができる。また新・映像エンジンDIGIC 8搭載により、解像感の向上や低ノイズ化など、さらなる画質アップを実現。A3サイズなどの大判プリントやテレビの大画面なら、その美しさをより実感できるはずだ。

フルHDの約4倍の解像度で記録される、極めて高精細な4K動画の撮影にも対応。大型センサーによる美しいボケ味や高感度撮影などEOSならではの描写力を活かして、手軽にプロのようなハイレベルな作品をめざせる。超広角や望遠など多彩なレンズを活用すれば、表現の幅も大きく広がるはずだ。

EOS Kiss M

また『EOS Kiss M』は、レンズ交換式カメラでは初となるデュアルセンシングISを搭載した。ブレを検知するジャイロセンサーによる光学ISユニットの制御に加え、CMOSセンサーの画像情報からブレ量を検出。この2つの情報をもとにより高精度に手ブレを抑えることが可能になった。手の震えなどによる細かいブレはもちろん、呼吸時などの体揺れによるゆっくりとした大きなブレも高度に抑制する。

そしてカメラ内での高度な画像補正も可能だ。具体的にはカメラ内にデジタルレンズオプティマイザを搭載。PC用ソフトウェア「Digital Photo Professional」でしか操作できなかった補正をより気軽に行なうことができるようになった。この機能により、レンズの特性によって起こる場合がある「色にじみ」なども高精度に補正。ディテールまでより鮮明な一枚に仕上げられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ