人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

心和らぐ独創メニューがたまらない大井町の激安立ち呑み『E』

2018.02.27

『ついに現る言語的天才!』

 150円で2ケというお得な料理は『春巻バリパリ揚げ』。『パリパリ』でも『バリバリ』でもなく『バリパリ』!!

 最初に『バリ』って書いちゃったら次も『バリ』と続けた方が、絶対書くのは簡単だと思うんだけど、なぜか次は『パリ』に行ってしまうというこのセンス!! もうこれは間違いというより天才的な言語感すら感じる!

 みなさん、もう一度声に出して言ってほしい。

「春巻バリパリ揚げ!」……早口言葉的でもある。まぁ微笑ましい間違いはこの程度なんですが、とにかく料理は100円から一番高いのでも『牛すじ煮込み』の350円までの有り難い価格!

 で、オレは『自慢のメニュー』と書いてある『ギョーザ(5コ)/250円』をオーダー。中国系の方が作るギョーザってだけで、やっぱりうまそうな気がするしね。で、そんな頃にはもうとっくにウーロンハイがなくなってるんで、次は大好きな『紹興酒(2合)/550円』を注文。

 ちなみに紹興酒、1合だとやっぱりわかりやすい価格の300円ね。それにしても立ち呑みで紹興酒があるってうれしいよな〜。時々ある中国料理の立ち呑み屋(この大井町にも有名な店がある)には必ずあるけど、この店は中国系の方がやってるっていっても、料理に関していうと和洋中混合だしね。

『ひじき/150円』『メンチカツ/150円』『手羽先甘辛味(2コ)/300円』(←絶対漢字は正確に書いてる)なんてのと紹興酒ってのもいいじゃない! 『イワシ刺身/250円』と紹興酒はちょっと合いそうにないけど。

 ま、餃子も中国では北の方の料理で、紹興酒が飲まれる浙江省とか長河下流域の料理じゃないから一緒に呑むのはどうかね? なんてメンド臭いこというヤツもいるだろうけど、いいんだよ、どうでも。ここはラっキょうテイストの店なんだよ!! 

 ちなみに展開のテーブルには小皿が使えるように置いてあるんだけど、小皿は『餃子・刺身をご注文した方、各自一皿使える』と張り紙がしてあった。その他の料理で使うと50円だそうである。

 餃子と刺身を出す時に一緒に小皿を出せば済むんじゃね? とも思うが50円出しても小皿使いたい人もいるのか? まぁめんど臭いこと考えてもしょうがない!

 そしてやってきたギョーザ(メニューはこのカタカナ表記なんだよ)は250円とは思えない羽付きの餃子。堂々と小皿を使い食べる……大井町にいったらまず行きたい店に決定した!!

 あ、最後にお知らせ! この連載、『DIME』本誌との連動を開始しました! 同じ店を掲載してもマルチエンディングになっております! それを記念して星取り項目を替えて、イラストが白黒からカラーになりましたが、色を付けるのは12色の色鉛筆という小学校低学年の文房具レベル……それも一本どっかいっちゃって実質11色という体たらくです。本誌もよろしく。

 あの、もうちょっと色の多い色鉛筆、買ってきます。

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。