人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.27

心和らぐ独創メニューがたまらない大井町の激安立ち呑み『E』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団


(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

心和らぐ独自メニューの激安立ち呑み『E』の評価

オヤジナリティー ★★★
家計貢献度    ★★★
エロテイスト   

 品川区の大井町といえば、東京の城南地区では立ち呑みのメッカだ!

 有名処では、例の立ち呑み業界の黒船『E(仮名)』は2店舗を出店してるし、立ち呑みできる精肉店として有名な『M(仮名)』もある。さらにはまったく新しいタイプのラグジュアリー立ち呑みといってもいい『H(仮名』や、前にこの連載でも書いたフィリピン人ママの無意味なまでに明るいテキトーさが心地いい『I(仮名)』なんて店があるかと思いきや、ワイン立ち呑みの店もヤケに多い。

 で、この前。軽く呑んだ帰りに、大井町の駅で乗り換えて帰宅しようとしてたんだけど、まだまだ呑みたりないか〜と、ついついこの街をブラブラしてしまった。

 そういえば、呑み屋がほとんどない一角に一軒、ポツネンとたたずむ立ち呑み屋の前を通ったことを思い出し、その場所に向かってみると、赤い提灯をほのかに照らしてそして営業してた!!

『E(仮名)』である。それにしてもガラス戸を引いて中に入って驚いた! 10人程が並べるL字型カウンターと、それとは別に2人ほどが向かい合って呑める立ち呑みテーブルが二つほどあるんだけど、満員のカウンターにいるお客さんの全員が背広なのだ!

 いやね、立ち呑みっていったら、もうジャンバー酒場のとこが多いワケよ。背広着てる人は、もうちょっとお値段高い座れるとこで呑んでてよ! って感じだったワケ。それがこの店は背広ばっか!

 だからオレみたいな、その日もバリバリにジャンバー着てる人間は、一瞬怯んだよ。ワタクシのような下々の人間が飲み食いしてもよろしいんでございましょうか? ひょっとしてお高いんじゃございませんか? ってなもんですよ。

 ところが壁に貼られたアルコールの価格を見て再度驚く!

『ホッピーセット/300円』……これは安い! ほぼ底値。そしてサワーも本格焼酎もハイボールもワインも日本酒1合も全部300円! そのわかりやすい単純明快な価格設定は二度見しちゃったよ。

 呑み屋街から離れてるってことで、ジャンバー軍団にも知られず、逆に近所の安く酒呑みたいビジネスマンご愛用という独特なガラパゴス立ち呑み状態。そう思うと、さっきまで高級に思えた背広軍団の背広の生地がなにか安っぽく見えてくるから不思議である。

 ということで、安心してウーロンハイを頼む。こういうとこでオレが必ず頼むホッピーに行かなかった理由は、この原稿を読んで行くと徐々に判っていくことになる!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ