人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.25

タムロンが優れた光学性能と機動力を兼ね備えたコンパクトF/4望遠ズームレンズを発売

総合光学機器メーカーのタムロンは、35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応望遠ズームレンズの新製品『70-210mm F/4 Di VC USD (Model A034)』(以下Model A034)をニコン用は4月2日、キヤノン用は4月26日より発売する。希望小売価格は9万5000円。

今回発売される『Model A034』では、これまでの望遠ズームレンズ開発のノウハウを活かし、コントラスト・解像力に優れた高い光学性能を達成。レンズ構成は14群20枚、LD (Low Dispersion: 異常低分散) レンズを3枚採用することで、写真の画質低下の一因となる軸上色収差と倍率色収差の発生を効果的に補正し、画面周辺までクリアで抜けの良い描写を可能にした。

加えて、『Model A034』はズーム全域にわたってF/4固定。F/2.8の大口径望遠ズームと比較して重量850g・全長174mmと、持ち運びに便利な軽量・コンパクトなサイズを実現した。これにより体にかかる負担を抑えながら、フットワーク軽く撮影することを可能にしている。

最大撮影倍率はクラス最大の1:3.1、最短撮影距離はクラス最短の0.95mを実現。ワーキングディスタンスを短くすることで、より被写体に接近することが可能になり、小さな花などをより近く、より大きく写す、自由度の高い望遠近接撮影を実現できる。

インナーズーム機構はズーミングに伴って全長が変化しないため、重心変化を最小限に抑え込むことができ、撮影時のホールディングや操作性が安定。加えて、動物園の金網越し撮影など、限られた撮影エリアでも後ろに下がる必要がなく、撮影の場所を選ばない。また内部に稼動部を備え、堅牢性・信頼性に優れた設計を採用している。

制御システムには手ブレ補正処理専用とAFを含むレンズシステム制御専用の高性能MPUを2個使用したデュアルMPUシステムを採用。それぞれのMPUには信号処理能力が高いDSP (Digital Signal Processor) ブロックを搭載し、システム全体の演算能力を大幅に向上させた。この新制御システムにより、速やかかつ精緻なAF性能と確実な手ブレ補正効果を両立している。

そして応答性・制御性に優れ、高速かつ精度の高いピント合わせを可能にするリング型超音波モーター「USD (Ultrasonic Silent Drive)」を搭載。快適なAFを提供するだけではなく、フルタイムマニュアル機構を搭載することで、AF撮影時でもフォーカススイッチを切り替えることなく意図するままにMFでピントの微調整が可能になった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ